Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//米軍部隊のおこぼれから生まれた「プデチゲ(部隊鍋)」

韓国の暮らし【食事・食べ物・お酒】

米軍部隊のおこぼれから生まれた「プデチゲ(部隊鍋)」

韓国料理には「なべ料理」が多いですが、その中に

「부대찌개(プデチゲ・部隊なべ)」という鍋料理があります。

 

これは、新大久保でも食べられますから、

食べたことのある人も多いのではないかと思います。

 

「부대찌개(プデチゲ・部隊なべ)」という料理は、元々

「미군부대(米軍部隊)」〔미군기지(米軍基地)〕から出る

おこぼれ(?)で作ったから、名前に「부대(部隊)」が入っています。

 

ハムやソーセージ、そしてビーン(豆)を入れた辛いスープの料理です。

 

お好みでインスタントラーメンの麺を入れて食べます。

 

おこぼれを活用したとは思えない絶妙な味です。



 

米軍のおこぼれと言えば、仙台の牛タンも、

米軍向けの肉牛の舌があまってもったいないから、なんとか活用した

というのがはじまりだと聞いたことがあります。

「부대찌개(プデチゲ)」と少し似ているかな(?)と思います。

 

でも、新大久保では、おいしい「부대찌개(プデチゲ)」に出会えません。

豆が入っていなかったり、な~んか違います。

 

韓国で「부대찌개(プデチゲ)」の本場と言えば、

米軍基地があった「의정부(儀政府)」と「송탄(松炭)」です。

 

このふたつは少し味が違うのですが、

「의정부儀政府)」のほうがおいしいので、

今は「부대찌개(プデチゲ)」と言えば、普通「의정부儀政府)」です。

 

その「의정부儀政府)」に超有名店があるのですが、

ここはとってもおいしくてお勧めです。

 

名前は「오뎅식당(おでん食堂)」です。

毎日、「부대찌개(プデチゲ)」を食べにたくさんの人が訪れます。



 

私が行った10年以上前には、こんな立派な看板はありませんでした。

 

おでんは、日本のおでんではなく、韓国おでんです。

なんで名前が「おでん」かわかりませんが、

この店は「부대찌개(プデチゲ)」の専門店です。

 

創業50年以上の古い店で、中も古いです。

今にも天井が落ちてくるのではないかと心配になるくらいで、

実際、水滴が落ちてきました。

今でもそのまま古いかはわかりませんが、前はそうでした。

 

この店は、超人気店なので、店員さん(みんなおばあさんでした)は

とにかく忙しくて、みんな愛想がありません。

決して親切な店ではありません。

 

それに、いつも列ができて並んでいるから、

ゆっくり落ち着いて食べる雰囲気でもありません。

 

でも、超人気です!

 

「의정부儀政府)」は、近くに米軍がある以外、何もないところでしたが、

「부대찌개(プデチゲ)」が有名になったことで、

「부대찌개(プデチゲ)」で「町おこし(?)」をしています。

 

「おでん食堂」のある通りには、

「부대찌개(プデチゲ)」の店がたくさん集まっていて

「의정부부대찌개거리(儀政府プデチゲ通り)」と名付けられ、

通りの入口には門まで作られました。



以前はこんな立派なのはありませんでした。



 

「의정부儀政府)」は、ソウル市の中心部から直線で約20km、

ソウル駅や「시청(市庁)駅」から地下鉄1号線に乗って50分くらいです。



Aがソウル市の中心部

Bが의정부(儀政府)

Cがキンポ空港

Dがインチョン空港

 

別に観光地ではありませんが、余裕があったら、

電車に乗って、ふらっと出かけて良いのではないでしょうか?

 

プデチゲ通りは、의정부(儀政府)駅から歩いて15分くらいです。

의정부(儀政府)駅で、경전철(軽電鉄・ミニ地下鉄)に乗り換えて、

의정부중앙(儀政府中央)駅で降りると、目の前です。

 

ブログ一覧