Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//釜山の広安里海水浴場と観光開発

ちょっと違うかなあ、不思議だなあと思うこと

釜山の広安里海水浴場と観光開発

釜山の観光地のひとつに、広安里(クァンアンリ)海水浴場(광안리해수역장)とその沖合いを通る広安里(クァンアンリ)大橋(광안리대교)があります。ここは、昔も今も、夏には多くの海水浴客で賑わうところです。

Dが広安里(クァンアンリ)海水浴場(광안리해수역장)、Eが広安里(クァンアンリ)大橋(광안리대교)です。Aが釜山駅、Bが海雲台(ヘウンデ)(해운대)ですから、釜山の中心部と海雲台(ヘウンデ)の間になります。

以前は、海岸の砂浜のすぐそばに狭い道があって、その道沿いにカフェの入ったビルが立ち並んでいました。ビルは、3階建てとか4階建てとかだったと思います。道路が狭いので、車はのろのろ走るしかありませんでした。そもそも、走りにくいので、車は、あんまり入ってきませんでしたけど。カフェの窓側に座れば、視界を遮るものは何もなく、きれいな砂浜と海が見えました。そんなカフェに女性だけのグループが座っていれば、必ず(?)男性グループから声がかかるような、素朴な(?)ところでした。1990年代のことですから、今の若い人たちは、知らない話です。

でも、観光開発に力を入れる釜山市は、それらのカフェを立ち退かせ、広い道路を作りました。

きれいだし、歩きやすいんですけど・・。黄色いシャツを着ている人が歩いているあたりに、「カフェビル」がず~と並んでいました。

海岸の沖のほうには、立派な橋を作りました。ここは島ではないんだから、こんなところにわざわざ道路を作らなくてもいいと思うのですが、付近の渋滞解消と、観光目的も兼ねて、海を渡る橋を作りました。

今は名所になっています。

夜はライトアップします。広安里(クァンアンリ)大橋は、海の上の道路なので、景色がいいらしく、「釜山シティーツアー」のバスもここを通ります。日本のガイドブックにも載っていますよね。

そして「ソウルには、こんな、海を渡る橋はないだろう」と、釜山の人たちの自慢の種になっています。渋滞解消目的を達成し、また、観光開発としても大成功です。

でも、韓国の国内的にはいいとしても、これで、海外の観光客は本当に喜ぶのかなと疑問です。日本の人にとって、わざわざ訪れる価値のあるものなのでしょうか? このくらいは、韓国以外でも、お金をかければ、どこでもできます。今、世界はどんどんお金持ちになっています。これから本当に価値があるのは、お金では買えないものではないでしょうか。例えば、スイスのような自然、イタリアのような文化遺産、ハワイのような気候や文化、そういうものを「持っているかどうか」だと思います。そういう意味では、韓国は「持っていない」から、とにかくお金をかけて、観光資源を作り出すしかないのかもしれません。でも、日本は「持っている」国ですよね。文化遺産も自然遺産もたくさんあります。うらやましいです。

ただ、東京には「これ」という象徴的なものがありません。京都や大阪と比べて、歴史が短いからだと思います。スカイツリーがありますが、スカイサリーは、外国人がわざわざ見に行くものではありません。観光目的で作ったわけではないですけど…。今は、中国とか、他の国が、どんどん高いものを作ります。お金さえあれば、いくらでも作れますから。それより、時々話が出る「江戸城」再建のほうが意味があると私は思います。日本発のニュースが江戸城を背景に世界に流れたら、これはすごい宣伝効果があります。「東京に行ってみたい」「日本に行ってみたい」と思う人が増えるはずです。日本が本当に「観光立国」を目指すなら、江戸城再建からだと、外国人の目には映るのですが、日本人は、日本が「持っている」ものに気がついていないみたいですね。

京都の金閣寺だって、一度火災で消失したものを再建しています。江戸城が、コンクリートでの再建では、ちょっと寂しいですが、昔と同じように、木造で再建すれば、素晴らしいのではと思いますが。

ブログ一覧