Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//誰にも邪魔されずに1人で食事を楽しみます

韓国の暮らし【流行・話題・若者】

誰にも邪魔されずに1人で食事を楽しみます

韓国では、1人で食事をするのは寂しい、たとえインスタントラーメン一杯でも分け合って食べる、それが一般的な考え方だったのですが、2017年ころから、1人だけの時間を楽しむ人たちの文化ができました。食事も1人で、誰にも邪魔されずに楽しみたいと考えます。1人で食事をすることを혼밥と言います。新造語です。

혼밥は「혼자(ひとり)で밥(ご飯)を食べる」の縮約です。1人で食事を楽しみたい人のための혼밥식당(食堂)が増えています。

ひとりひとりの席に、ついたてを立てて、横の人が視線に入らないようにしているところが혼밥식당(食堂)では一番多いです。コロナが流行する以前から、このタイプだったので、コロナ流行後にも特別な追加対策は必要ありませんでした。

1人用の食事を1人で楽しみます。1人で食事を楽しむ人は20代が多いです。そして、スマホを見ながら食事をする人が多いので、

このような、特製どんぶりを開発した店もあります。

注文も、画面での注文にして、혼밥식당では従業員との接触も最小限にします。また、どのカウンター席が空いているのか、電光版で表示している店もあります。しかし、혼밥を楽しむ店は、一般の食堂よりも値段はやや高めですね。経済的な余裕がないと혼밥を楽しむのは難しくなります。혼밥を楽しむ人は20代の女性が一番多いですが、最近は、30代、40代も増えているそうです。

1990年代だったと記憶していますが、日本で「お一人様」文化が一般化して、1人でカラオケを楽しんだり、お一人様用の、なべ料理屋が流行っていることなどが、韓国にも紹介されました。韓国人には、「お一人様文化」は、とても奇妙なものとして映りました。日本人は、なんて寂しい人たちなんだ。

でも、あれから20数年が経って、同じになりましたね。

ブログ一覧