Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//地下のお店ですが、流行ってます。

新大久保の話【基本知識・お店】

地下のお店ですが、流行ってます。

先月、新しくオープンしたお店に行って来ました。職安通り、セマウル食堂の隣です。

以前は、ペクジョンウォンの「ビールがメインのお店」で、その前は、ペクジョンウォンの鉄板焼き屋さんでした。地下にあるから、なかなかお店が定着しないのかなと思いましたが、昨夜、2022年4月2日(土)の夕方に行ったら、お客さんいっぱいで、
夜の8時には満席状態になりました。

店内は、居抜きで、ビールのカウンターもありました。店に入ったら、店員さんが、生ビール100円セールをやっていると、教えてくれました。

ギネスでもハイネケンでも100円、何杯でも100円!

お酒の安売りと言うと、コロナ禍の最初の頃は、飲み屋さんが夜の営業ができず、お酒を売ることができないので、飲み屋さん等に、輸入した韓国焼酎(ソジュ)を卸す、お酒の問屋さんは、在庫がだぶついて困っていました。お酒も消費期限ありますから、早めに売らないと、廃棄処分になります。そんなお酒を、当時、問屋さんでは、飲み屋さん等に、原価割れで、安く卸したりしていたそうです。それを、飲み屋さんでは、セールと称して、安く売ったり。

最近は、そういうことはなくなりましたが、この店は、以前ビールがメインのお店だったので、消費期限の近いビールがたくさん余っていて、ひょっとして、それを安く売っているのかな、と思いました。違うかもしれませんけど。

韓国のお店に来る人は、韓国焼酎(ソジュ)目当ての人が多いようです。ですので、ビールは、逆に、あまり売れないのかもしれません。注文したのは、メニューの一番上にある、ハンマーカルビチム、ハンマーというのは、量が多いということのようです。

大盛りのように見えますが、鍋の底が浅いので、思った程の量ではなかったです。でも、味は、おいしかったです。

ブログ一覧