Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//狭小住宅が注目されています

韓国の暮らし【マンション・家】

狭小住宅が注目されています

韓国では、아파트(アパート・高層マンション)の価格がどんどん上がり、

一般の庶民は、ソウル市内で買うこともできなくなりました。

 

また、아파트(アパート・高層マンション)では、

上の階の音がうるさい、響く、というのも、社会問題となっています。

 

層間騒音(층간소음)と言いますが、これまでに、何件も、

この層間騒音(층간소음)が問題となって、殺人事件も起きています。

 

殺人までではなくても、上の階がうるさいと、

すぐ文句をいう人が、韓国には多いのですが、

しかし、最近は、文句を言うと、

逆に、嫌がらせをするような、危ない人もいるので、

特に、子供のいる家庭では、怖くて文句を言えず、

少しくらいうるさくても、我慢する人も少なくありません。

 

そのため、아파트(アパート・高層マンション)に住んでいて、

층간소음(層間騒音)に悩まされている人は、

아파트(高層マンション)暮らしをやめたいと願うのですが、

かといって、一戸建ては高すぎます。

 

ソウルからだいぶ離れた場所なら

なんとか買うことはできるかもしれませんが、

ソウルから離れると、交通が不便で、

とてもソウルに通うことができません。

 

そんな人たちが、今、注目しているが、

협소주택(狭小住宅)です。

 

협소주택(狭小住宅)というのは、使い物にならない、

例えば、道路に挟まれた三角形の小さな土地に、

小さな家を建てることです。

 

협소주택(狭小住宅)は、日本から来たアイデアです。

 

テレビでも、何度か紹介され、

층간소음(層間騒音)に悩んでいる人、

特に、小さい子どものいる人たちに、注目されています。

 

韓国では、アパートも土地も、投機の対象となるため、

無駄に値段が釣り上がるのですが、

협소주택(狭小住宅)の土地は、使い物にならない土地のため、

投機の対象になりません。

 

そのため、土地を比較的安く買えることも、

魅力となっています。



長く ぺったんこな 模様

正四角形に 似た家

 



一階当たり 28㎡(約8.75坪)の大きさを持つ家

 



この家は、4階建てです。

 



中は、意外に広く、日当たりもいいです。

 

部屋全体に日が差すので、

冬でも、暖房が要らないほどです。

 



1階が、リビングと台所と駐車場

2階が居間と母親の部屋、

自分たちは3階に住んで、

4階が子供部屋と小さなベランダです。



土地代除く 建築費、設計費、監理、全て含めて3億ウォン

 



土地代まで含めて 4億9千万ウォン

 

ソウル市内で、この値段なら、悪くないな。

これで층간소음(層間騒音)から解放されるなら、

積極的に検討してみようか。

そんな人たちが増えています。

ブログ一覧