Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//第8課 とても甘いです。【文法】

韓国語講座

第8課 とても甘いです。【文法】

【形容詞(丁寧形・現在)&比較の表現】
この課では、形容詞の丁寧形の現在形を学習しますが、その前に、まず、形容詞という品詞についての基本的なことを、確認をしておきましょう。そして、そのあと、比較の表現を学習します。

1 形容詞(丁寧形・現在)
形容詞というのは、日本語の「暑い」「寒い」「高い」などの形容詞と、「静か」「きれい」「好き」などの形容動詞を合わせたものです。日本語の「形容詞」と「形容動詞」を合わせて『形容詞』です。
ちなみに、この形容詞、形容動詞という名称ですが、外国人が日本語を学ぶ日本語学校では、それぞれ「い形容詞」「な形容詞」と呼んでいます。
日本語で『形容詞』のものは、韓国語でも、だいたい形容詞、また、日本語で「動詞」のものは、韓国語でも、だいたい動詞です。

しかし、日本語では「形容詞」ですが、韓国語では「動詞」になるもの、日本語では「動詞」ですが、韓国語では「形容詞」になるものがあります。
① 日本語では「形容詞」ですが、韓国語では「動詞」になるもの
例) 好き    좋아하다[조아하다]
  嫌い    싫어하다[시러하다]
  上手    잘 하다[자라다]
  下手    잘 하지 못하다[자라지 모타다]

※   上手  잘 하다 は、잘 + 하다 です。
  잘  上手に、うまく
  하다 する
    ⇒   잘 하다 上手にする、上手だ

※ 下手    잘 하지 못하다 も、 잘 + 하다の不可能形です。
    잘 上手に、うまく
    하지 することが
    못하다 できない 
  ⇒ 잘 하지 못하다  上手にすることができない、下手だ

「上手」「下手」は、他にも、似た意味を表す形容詞の言葉もありますが、まずは、「上手 잘 하다」「下手  잘 하지 못하다」どちらも『動詞』で覚えてください。

また、「好き 좋아하다」「嫌い 싫어하다」「上手 잘 하다」「下手 잘 하지 못하다」は、動詞ですので、助詞にも注意してください。助詞は、日本語の「を」に当たる 을/를 を使います。
例) 野球(야구)が好きです ⇒ 야구를 좋아해요.

② 日本語では「動詞」ですが、韓国語では「形容詞」になるもの
例) 疲れる    피곤하다   [피고나다]
  違う     다르다
  間違う   틀리다  ※ 「違う」の意味でも使われます
「違う」の反対語、「同じ 같다 」「まったく同じ  똑같다」も形容詞です。ちなみに、日本語では「同じ」は「変則の形容動詞」です。名詞の前で「な」も「の」も入りません。
例) 同じ人、同じ物、
形容動詞」なら「静かな人」「静かな物」のように「な」が入ります。「名詞」なら「私の物」「日本の人」と「の」が入ります。日本語では、「同じ」が「変則形容動詞」、その反対語の「違う」が「動詞」です。反対語ですが、品詞が違います。韓国語では、「同じ 같다 」「違う 다르다」どちらも「形容詞」です。

③ 形容詞の【읍니다】体、【요】体の作り方
動詞と同じです。

【읍니다】体、【요】体を作る時は、「形容詞」か「動詞」か、わからなくも大丈夫ですが、このあと、連体修飾形(名詞に接続)を作る時には、それぞれ、形が違いますので、何が「形容詞」で、何が「動詞」なのか、はっきり覚えてください。

2 比較の表現
日本語では、2つを比べる時と、3つ以上を比べる時と、文型が違いますが、韓国語もそれは同じです。

☆ ふたつを比べる時  ⇒ ~と~とどちらが・・ですか?
☆ みっつ以上を比べる時
 ⇒ ~の中で、{何が、どれが、誰が、どこが、いつが}一番・・ですか?

韓国語も、だいたい同じですので、ほぼ直訳でOKです。
① ふたつを比べる時
 ⇒ ~と~とどちらが・・ですか?

「と」は「하고」ですが、와/과 もあります。
 名詞にパッチムがある時  과
 名詞にパッチムがない時   와
「どちら」は、어느쪽
 어느 が「どの」、 쪽 が「側」で、 어느쪽 「どの側」「どちら」となります。

例文で見てみましょう。
 地下鉄とバスとどちら(のほう)が便利ですか?
지하철하고 버스하고 어느쪽이 더 편리해요?
⇒直訳すると〈地下鉄とバスとどちらがもっと便利ですか?〉
※   지하철 〔地下鉄〕、  버스  バス、 더  もっと、  편리하다〔便利〕 便利だ

答える時は
地下鉄のほうがバスより便利です
지하철이 버스보다 더 편리해요
 ⇒直訳すると〈地下鉄がバスよりもっと便利です〉
※ 보다 ~より
日本語では、ふたつを比べる時は、必ず「~のほう」が入りますが、韓国語では入りません。
その代わりに「더 もっと」が入ると考えてください。ただし、この「더 もっと」は、省略されることも多いです。

② みっつ以上を比べる時
 ⇒ ~の中で、{何が、どれが、誰が、どこが、いつが}一番・・ですか?

ほぼ直訳で韓国語になります。
の ⇒ 省略
 名詞と名詞の間の「の」は、韓国語ではよく省略され、ここでも省略されます
中 ⇒ 중〔中〕
で ⇒ 에서「動作の場所」を表す 에서 と同じ
何が ⇒  무엇이, 뭐가
一番 ⇒ 가장 比べて「一番」の時は 가장 を使います。

例文で見てみましょう。
 スポーツの中で何が一番人気がありますか?
스포츠중에서 뭐가 가장 인기가 있어요?
 ※ 스포츠 スポーツ、   인기[인끼]〔人気〕

疑問詞の部分も、日本語と同じです。
種類 ⇒ 何が 뭐가
 場所 ⇒ どこが 어디가
 人 ⇒ 誰が 누가
 時・時間 ⇒ いつが 언제가

 ☆ 注意点
「好きです」は韓国語では「動詞」なので、助詞に注意してください。
例) 何が一番好きですか?
 ⇒ 무엇을 가장 좋아해요?    뭘 가장 좋아해요?

※ まとめ
比較の表現は、ここまで学習したことの「まとめ」です。ひとつひとつ、直訳していけば、だいたいできてしまいます。ここまでの総復習として、作文の練習をしてみてください。

ブログ一覧