Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//認知症にはヤマブシタケが効果があります

韓国の暮らし【漢方薬・鍼(針)】

認知症にはヤマブシタケが効果があります

日本は少子高齢化と言われていますが、それは韓国でも同じです。しかし、日本の場合、少子化は最近のことですが、高齢化は、ずっと前からですよね。韓国は少子化と高齢化、どちらも最近のことです。そのため、社会のシステムも人々の意識も、なかなかついていきません。

高齢化時代の時代になり、以前はそれほどでもなかった치매(認知症)の問題が深刻になっています。치매(認知症)は一度かかると治す方法はないんですよね。進行を遅らせる薬を出すしか医者もやることがなくて。

そんな、치매(認知症)に効く食べ物として노루궁댕이버섯(ヤマブシタケ)が注目されています。

치매(認知症)だけでなく、自閉症など脳の病気に効果があると言われています。しかし、まだ解明されていない部分が多いようです。日本でも、少し注目されていますが、韓国ほど、需要は多くないみたいですね。

乾燥させたものとか、

汁(エキス)とか、

粉末のものとか、いろいろ出ています。これらは漢方薬で、치매(認知症)の家族がいる人たちは、たくさん購入しています。そして、実際に、効果があったという声が多いです。

ヤマブシタケ100%粉末 特品 100グラム 26000ウォン

値段はそれほど高くないので、だめもとで試してみる価値があると思いますが、いかがでしょうか?

ブログ一覧