Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//カレーと言えば3分カレーです

韓国の暮らし【食事・食べ物・お酒】

カレーと言えば3分カレーです

韓国人もカレーを食べますが、日本人ほどたくさん食べません。「大好物はカレー」という子供も、ほとんどいません。韓国のカレーは、本場インドのカレーではなく、日本から来たカレーです。レトルトのカレーが、まず入りました。そのため、カレーと言えば「3分カレー」です。

お湯に入れて温めるカレーです。

「プレミアムバーモンドカレー」もレトルトです。

これは、韓国のラーメンが、日本から来たのと似ています。日本のインスタントラーメンが、まず入ったので、韓国ではラーメンと言えばインスタントラーメンです。自宅でカレーを作って食べることは少ないですが、カレーのルーもあります。しかし、日本と違い、ルーは顆粒です。

しかし、最近、カレーのお店も増えたりして、以前より、カレーを食べる機会も増えましたし、カレーを食べる人も増えました。そして、カレーのルーは、顆粒状の韓国製より、固形の日本製のほうがおいしいということで、輸入の日本製を買う人が多くなりました。日本のカレーが、今では、韓国向けのパッケージでたくさん売られています。

また、韓国製も固形のルーが出ましたが、人気は顆粒のものです。

「百歳カレー固形」とあります。しかし、顆粒のほうが、料理が断然楽です。韓国で料理家と言えば、백종원(ペクジョンウォン)ですが、

백종원の「簡単お家料理」の番組でも、顆粒の物を使っていました。

韓国でカレーを作る時のポイントは、日本とは少し違います。韓国人は、カレーを食べる時も、キムチといっしょに食べるので、キムチとよく合う味のカレーが人気です。お家で作る時も、キムチとの相性を考えて作ります。もちろん、カレーも、よく混ぜて食べます。キムチもいっしょによく混ぜます。

また、少し前まで、カレーの専門店はありませんでしたが、最近は、カレーのお店も増えました。カレーのおいしい店として一番有名なのは、「코코이찌방야(ココ一番屋)」、日本のココ壱です。2008年の進出以来、ソウルを中心に、今や30店舗を越えました。
このお店の成功で、この頃は、日本のカレーと言えば、ソウルでは「코코이찌방야(ココ一番屋)」です。

ブログ一覧