Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//はじめることが半分だ

韓国の暮らし【習慣・社会環境・社会問題】

はじめることが半分だ

韓国には「시작이 반이다(はじめることが半分だ)」

ということわざがあります。



 

元々は、古代ギリシャの哲学者、アリストテレスの言葉です。





 

人は、何かをはじめる時、あれこれと悩みます。

はじめるまでに、相当の時間がかかることもあります。

 

例えば、はじめようと思い立ってから、1年後にいよいよスタートして

更に1年後に目標達成!

とすると、全部で2年かかったうち、はじめるまでにかかった時間が半分の1年です。

 

「시작이 반이다(はじめることが半分だ)」

というのは、はじめるまで、悩んでいる時間がもったいない。

すぐはじめよう!

そんな意味です。

 

これは、大久保でお店を持つ韓国人にも、当てはまります。

 

このところ、コロナ禍で、ぜんぜん儲かりません。

 

つぶれたお店もたくさんありますが、

でも、ちゃんと儲けてつぶれた所と、

あまり儲けることができずにつぶれた所があります。

 

その差は、何と言っても、お店の立地条件がいいかどうかが一番大きいですが、

それよりも、早くブームに乗ったかどうかが、勝負を分けています。

 

早く始めたら、その分、いい場所にお店を出すこともできましたし、

ブームの恩恵を、そのまま利益にすることができました。

 

遅く始めた店は、いい場所に出そうにも、場所がなかったし、

ブームもすぐに終わり、あまり儲けることができませんでした。

 

もちろん、ブームが去っても、それなりに儲けている店もありますが、

元々、韓国人は、早く始めることが何より大事と考えます。

 

新大久保の状況を見ても、やはり早い者が勝つんだなあと考えます。

 

「시작이 반이다(はじめることが半分だ)」

はじめてしまえば、あとはなんとかなる、とにかくはじめる勇気が必要だ。

早いものが勝つ!

 

日本とは、正反対(?)かもしれませんが、

慎重に考えて何かを始めるより、走りながら考えるほうが勝つ。

新大久保でも、これまでのところ、そうなっているように思います。

ブログ一覧