Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国の慶州は、京都というより奈良です。【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】

ちょっと違うかなあ、不思議だなあと思うこと

韓国の慶州は、京都というより奈良です。【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】

韓国のキョンジュ(경주・慶州)は、昔々、紀元前1世紀から10世紀まで存在した新羅国の首都でした。韓国人には、修学旅行(수학여행)で行く所、というイメージですが、ユネスコ世界遺産に登録されているため、日本からだけでなく、外国からの観光客も多く訪れる場所です。

そんな慶州ですが、日本のガイドブックでは、日本でいうと「京都」と紹介されています。逆に、日本の京都は、韓国で言うと慶州と紹介されたりしています。京都と慶州が姉妹都市になっているから、そうなのかもしれませんけど、個人的には、慶州は、田舎ののんびりした所ですし、京都よりは奈良のほうが、雰囲気としても近いように思います。

歴史(역사)の中で、首都としての機能を持っていた時代も近いですし。どうして、慶州の姉妹都市(자매도시)が、奈良ではなく京都かなぁ、と思います。日本と韓国は、歴史も文化も違いますから、どんなことでも、単純に「日本の〇〇は、韓国の◇◇」とは、いかないんですけど。でも、近い国だから、なんとなく似ていると考えちゃうんですよね。

日本の京都を、韓国人にわかりやすく説明するのは、実は難しいです。昔、長い間、日本の首都だった所という説明もありますが、江戸時代には、徳川のいた江戸が首都ではなかったのか? 韓国人には、江戸時代の首都は江戸です。ですので、歴史の説明からしなければならなくなります。日本人に韓国のことを説明したり、韓国人の日本のことを説明する機会、多いんですが、簡単そうなことでも、いつもいつも悩みます(고민하다)。

 

単語のおさらい


수학여행〔修学旅行〕
역사〔歴史〕
자매도시〔姉妹都市〕
고민하다〔苦悶-〕悩む

漢字語は〔 〕に漢字を示しています。

 

釜山の広安里海水浴場と観光開発。

目次

よく聞く韓国語の、その意味と使い方を、わかりやすく解説します。

聞いたことはあるけど、意味がはっきりわからない、もっとはっきり知りたい。そんな韓国語、ありませんか?
ハングル、アイゴー、オモ、ケンチャナヨ、オンニ、オッパ、アンニョンハセヨ、マシッケトゥセヨ等、
曖昧だったものが、はっきりわかると、気分がいいですよね。
よく聞く韓国語の意味と使い方へ

韓国語を学んでみましょう。

さあ、韓国語を学んでみましょう。
まずは、少しだけでいいです。興味を持ってはじめてみることが大事です。
はじめは、ハングル文字、そして、発音からです。ハングル文字は、発音記号です。母音が10個、子音が14個、合わせて24個を覚えてしまえば、ハングルは読めるようになりますから、まずは、文字から、学習しましょう。YouTubeもありますので、発音を確認しながら、学習してみてください。
そして、どんどん興味が出てきたら、本格的に学んでみましょう。
韓国語講座へ

ブログ一覧