Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//地下鉄の不正乗車が多いです

韓国の暮らし【車・乗り物】

地下鉄の不正乗車が多いです

韓国では、地下鉄の不正乗車をする人が多いです。

不正乗車で摘発される人が、ソウルだけで、年間3万人前後になるそうです。

毎日、100人ほどです。

 

不正乗車が見つかると、30倍の付加金(罰金)を

支払わなければなりません。

 

それでも、不正乗車はなかなか減りません。



時々、集中取り締まりもしていますが、

あまりにひどくて、取り締まりも追いつかないほどです。

 

特に、古いタイプの改札機は、不正が簡単です。



大人が子供用のカードを使っても、

それを外見からは識別できません。

 

そのため、最近の改札機は、一般のカード以外の、

例えば、子供用や老人優待などのカードを使うと、

それぞれのランプがつく仕組みになりました。



不正乗車の取り締まりで捕まる人には、外国人観光客もいて、

韓国の地下鉄の旧式改札機が、子供用のカードを使っても、

特に外から識別できないことが、知られているようです。



乗車券 購入 私たちの 良心です。

 

また、不正乗車で摘発された人は、

男女別では、62%が女性です。

 

おばさんたちが多いのでしょうね。

 

韓国の地下鉄は、日本よりもずっと安いです。

政府の政策によって、大衆交通機関の料金は、

低く抑えられているからです。

 

そのため、韓国の物価に比べても安いのですが、

それさえも払わないなんて、どうなっているのでしょう。

 

ソウル市の地下鉄料金は、少しずつ上がっているのですが、

現在は、10kmまで1250ウォン、

その後、5kmごとに100ウォンです。

 

ですので、50km乗っても2050ウォン、

日本円で200円です。

 

日本の半額以下じゃないですか?

 

ところで、日本でも、改札口で、改札機に、明らかにスイカの入っていない財布をかざして、

赤いランプがついて、ピンコンピンコンと音が鳴って、改札口が通せんぼされる中を、強引に突破する人、たまに見ます。

新大久保駅でも、何度か見ました。

 

混雑している時間帯に、多いみたいですが、

駅員が追いかけて行くのを、見たことはありません。

 

また、改札機には、たぶん、職員用だと思いますが、秘密のボタンがあります。



左の改札機だと、1のシールの上あたりです。

 

近づいて、よ~く見ないと、見えません。

同じ色で、特に出っ張っているわけではないからです。

 

でも、ちょっとかがんで、そのボタンを押すと、改札は、スルーできます。

 

全部の改札機にあるのかどうかはわかりませんが、

その方法で、不正に通過している人を、以前、見たことがあります。

 

韓国では、不正乗車を、時々取り締まっていますが、

日本では、ちゃんと取り締まりしているのか、

それもちょっと疑問ですね。

 

取り締まっているのを、見たことがありません。

ブログ一覧