Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//若者たちの健康状態が悪化しています

韓国の暮らし【社会問題・社会環境】

若者たちの健康状態が悪化しています

韓国の若者たちの健康状態がどんどん悪化しています。保健福祉部(日本の厚生省)の調査からも明らかになっています。今の若い人たちは、目の前のことに精一杯で、自分の健康のことを考える余裕など、ないのかもしれません。

若者たちは、元々、健康なんて、それほど気にしません。でも、以前は、結婚するまで親と同居が当たり前だったので、母親が朝ご飯を作ってくれたり、あれこれ小言を言いながら健康を気遣ってくれましたから、それで、なんとかなっていたのかもしれません。しかし、最近は、ひとり暮らしの若者が増え、朝ご飯も食べないで仕事に行って、夜遅くまで働いてから、寝る前に脂っこい物を食べて、金曜日の夜は、ストレス解消のために夜遅くまでお酒を飲んで、週末は、部屋でゴロゴロ、運動もしない。それが、今の韓国の若者たちの、特に男性たちの平均的な姿のようです。なんだか、日本に近くなってきたようにも見えます。あるいは、一気に追い越してしまったのか、日本より下がった喫煙率も再び上昇し、日本を追い抜いてしまいました。若者たちの喫煙率が上がったからです。結局は、日韓両国でOECD加盟国のビリ争いをしています。

上から、喫煙率、暴飲率、歩くこと実践率、朝食欠食率

その結果、肥満率も、男性は40%を超えました。日本では、20代の男性の肥満率は、26.5%で、40代になると、10%上がり、36.5%、その後は、健康管理に気をつけるのか、徐々に減っていきます。韓国は、肥満率も過去最悪の状況です。子供の数も減っていますし、悪いニュースばかりで、韓国が、これからどうなるのか心配になります。

ブログ一覧