Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//たんす資格ばかり増えています

韓国の暮らし【生活習慣・一般常識】

たんす資格ばかり増えています

韓国は資格ブームと言っても過言ではないくらい資格を取る人が多いです。もちろん、若者の就職が難しいからですが、最近は、引退後が心配な50代、60代の資格取得も増えているそうです。

実は、私の妹も、たくさんの資格を取りましたが、ほとんどは役に立っていません。そして、今、免税店に勤めている友人は、いつ、どうなるかわからないと、ネイルの資格を取りましたが、彼女は、元々、手先が不器用なので、ネイルの資格を使うことは99%ありえません。ほとんど趣味です。また、資格を取って会社に入っても、実務には、ほとんど役に立たないそうです。ですから、資格を取っても履歴書の飾りになるだけなんですね。

韓国では、今、そんな장롱 자격증(たんす資格証)ばかりが増えています。資格ブームに乗って資格の数もどんどん増えています。国家資格ではない、民間資格証は、登録されているものが4万種類を越えます。そのうちの96種類は、例えば「手話通訳士」などは国家資格に準ずる国家公認資格なので、就職などでも評価されますが、その他の資格は、よくわかりません。ですので、たとえば、

リボン工芸資格証とか、


音楽縄跳び資格証とか、なんだか、聞いたことのない資格が韓国にはたくさんあります。

 

ブログ一覧