Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国の指切りは、日本の指切りとはちょっと違います

韓国の暮らし【生活習慣・一般常識】

韓国の指切りは、日本の指切りとはちょっと違います

韓国にも、約束をする時の指切りがあります。でも、日本の指切りとは少し違います。指切りをする時に言う「指切りげんまんうそついたら…」ような決まった台詞はありません。韓国の指切りは、まず小指をからませます。

次に、小指をからませたまま親指同士をくっつけます。

これで「はんこを押した」となります。そのあと、指をほどいて、手のひらの下の部分を合わせます。

そして、手のひらをつけたままお互いに引きます。これで「約束をコピーした」となります。

韓国では、指切りして更にはんこを押してそれを更にコピーもして、2重、3重に厳重に約束します。これで完璧です。

実は、この「コピー」部分は昔はありませんでしたが、今では「コピー」するのが一般的です。そして、更に最近では「コピー」したあと、手のひらに指でサイン(の真似を)する人もいます。約束の重みが軽くなっているからなのか、少しずつ指切りが長くなっています。

ブログ一覧