Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//日本人のおもてなしって、どんなおもてなしでしょうか?

ちょっと違うかなあ、不思議だなあと思うこと

日本人のおもてなしって、どんなおもてなしでしょうか?

2020年の東京オリンピックは中止となり、2021年に無観客開催となりましたが、私は、とても残念に思いました。別にチケットを持っているからというわけではありません。

日本、東京等首都圏 オリンピック競技 '無観衆' 決定

日本には、オリンピック中止を訴える人もたくさんいましたが、東京でオリンピックをやるということは、元々、東京が、開催地として立候補したものですよね。誰かに頼まれたものでも、強制されたものでもないですよね。世界に対し、「責任を持って開催します」「おもてなしの精神で開催します」と言って、開催地として決まったものですよね。コロナ感染者が増えたことで世界の状況が変わりましたが、日本が「責任持って開催します」と言ったことは変わらないと思いますし、「責任を持ってオリンピックを開催します」と、世界に約束したわけですから、たとえコロナで難しい状況ではあっても、「日本は最善を尽くして努力します」「できるだけのことを頑張ります」と、世界に向けてアピールしたら、とてもかっこよかったと思うのですが、誰もそうは言わないんですね。不思議な感じがします。

オリンピックの開催とプロ野球の開催は、同じレベルの問題ではないと思います。プロ野球やJリーグなどは、日本人だけで、やるかやらないか決めればいいことですが、オリンピックは世界が関わります。いろいろな方面でお金の問題もかかわっているのでしょうけど。せっかく日本のイメージ向上の機会に、わざわざイメージを下げることしなくていいのに、と思いました。
そして、おもてなしの精神で言えば、観客を入れて、世界のアスリートたちに大きな拍手を送るのが、おもてなしではないかと思います。オリンピック招致の時には、皆が「おもてなし」と言っていたのに、いざ開催となると誰も言わないし考えないのも、不思議に思いました。

たとえ、プロ野球などを長期間無観客にしてでも、オリンピックまでに感染者数をできるだけ減らして、責任を持って観客のいるオリンピックを開催したら、日本のイメージが大きく向上したと思います。いろいろ事情はあると思いますが、世界に対することは、国内とは違います。私は、とても残念な気持ちになりました。

また、日本では、オリンピックなどのイベントがあるたびに、「おもてなし」が合言葉のようになっていますが、日本人のおもてなしは、どんな「おもてなし」なのでしょうか? 外国人にとっては、重い荷物を持ってくれたり、子連れの人に電車やバスで席を譲ってくれたり、困っている時に助けてくれたりすることが、大切なおもてなしだと考えます。

例えば、新大久保の駅ですが、新大久保駅は、2020年の春まで、エスカレーターもエレベーターもありませんでした。そのため、大きな荷物があったり、ベビーカーがある時は、階段で上り下りをしなければならず、とても大変でした。駅員に頼めば手伝ってくれますが、いちいち頼むのも面倒なので、1人で運んでいると、時々手伝ってくれる人がいました。手伝ってくれる人は、いつも外国人でした。日本人が手伝ってくれたことは一度もありませんでした。

ブログ一覧