Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//誰もが簡単にネット起業の時代です

韓国の暮らし【流行・話題・若者】

誰もが簡単にネット起業の時代です

ここ1、2年、韓国では、1인마켓(1人マーケット)が新しいトレンドになっています。

1人メディアに続き、1人マーケット好況

1인마켓(1人マーケット)というのは、1人で起業するという意味ですが、店舗を持つのではなく、ネットで気軽に企業します。週に30分の時間投資で月100万ウォンは稼げる、ということで、はじめる人が増えています。

以前と違い、今は、注文が入ったあとで卸から取り寄せることができるため、在庫は発生しません。自分の趣味や興味のあることをユーチューブなどを使って宣伝して、商品購入につなげるのが一般的です。

大ベストセラー「ユーチューブの神」
私はユーチューブで1年に17億稼ぐ

要するに副業なのですが、以前は、副業というと、会社員が足りない生活費を稼ぐために、夜、代理運転などをするというのがイメージでしたが、最近は違います。趣味や興味のあることをやる、そして、ひとつが成功したからといって、それがいつまでも続くとは限らないから、いくつもの仕事(Job)を並行して行います。

ひとつでは不足だ 今や N Jober  が浮く(うまく行く)

そんな人たちを、N Jober  (N잡러)と言います。Nは、数学で出てくる不特定数字のNです。1인마켓(1人マーケット)、N Jober  (N잡러)、ともに新造語で、今の20代、30代のトレンドです。

N Jober  (N잡러) 時代

あちこちで簡単に稼ぐことに成功したという成功談が飛び回っているため、ネットなら元手もかからないし、とにかく、何かやってみよう、そんな人たちが、猫も杓子も1인마켓(1人マーケット)をオープンしています。

N Jober  (N잡러) 週7日勤務もいい

好きなことをするだけなので、失敗しても、それほど苦にはならないようです。

ブログ一覧