Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//釜山の刺身は小骨付です

韓国観光【ソウル以外】

釜山の刺身は小骨付です

刺身と言えば、普通は柔らかい身の部分だけで骨がないですよね。ソウルなど、韓国でもそうです。でも、釜山だけは違います。釜山の刺身は새꼬시(セコシ)と言って、小骨がついたものが出ます。

見た目ではわかりませんが、所々小骨がついています。骨が邪魔で食べにくいと思うのですが、骨ごと食べます。釜山の人には、これがおいしいそうです。

以前は、釜山で刺身を注文すると、全部새꼬시(セコシ)でしたが、最近は、他の地方から来る人も増えているせいか、刺身屋へ行くと、새꼬시(セコシ)にするかどうか聞くことが増えているそうです。

また、새꼬시(セコシ)という言葉ですが、これは、日本語の背越しから来た言葉だと言われています。魚をさばくときに、背越しでさばいたからだそうです。でも、普通の釜山人は、日本語の語源は知りません。ただ、なんとなく、새꼬시(セコシ)は日本語から来た言葉だと知っているだけです。새꼬시(セコシ)にできる魚は限られています。だいたい아나고(あなご)や도다리(カレイの仲間)です。

今度、釜山に行ったら、ぜひ새꼬시(セコシ)を食べてみてください。私には、合いませんが…。

ブログ一覧