Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//どの家にも浄水器があります。

韓国の暮らし【食事・食べ物・お酒】

どの家にも浄水器があります。

韓国では、昔から水道の水を直接飲むことはしません。

 

一般的に、飲む時の『물(水)』と言うと、麦茶です。

 

昔は、水道の水は、直接飲むことができなくて、

必ず沸かして飲んだからです。

 

もちろん、今は、水道の水もきれいになって、

ソウル市でも、水道水を直接飲んでも大丈夫、と言っていますが、

それを信じて直接飲む人は少ないです。

 

水道水が直接飲めず、沸かすのも面倒なので、

1990年代くらいから、各家庭では、

タンク式の浄水器を設置するようになりました。

 

でも、それだとタンクを取り付けたりはずしたりも面倒だし、

宅配で受け取るのもけっこう面倒です。

お金もかかりますし。

 

そのため、最近は、水道の蛇口からホースでつなぐ形がほとんどです。



大きさも小さくなって、ほとんど場所をとりません。

 

以前は、レンタルが主流でしたが、

最近はインターネットでも、대형마트(大型マート・スーパー)などでも

安く売っています。



レンタルでも、安い物は、月に1万ウォンくらいからありますから、

家で、わざわざペットボトルの水を買って来て飲む人も、ほとんどいません。

ブログ一覧