Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//感情労働者の保護が急務です

韓国の暮らし【社会問題・社会環境】

感情労働者の保護が急務です

韓国では、お客さんと対面したり、あるいは、電話で直接対応したりする労働者を、감정노동자(感情労働者)と言います。

自分の本当の感情を抑えて仕事上要求される感情を出さなければならない、そんな労働者だからです。

感情労働 職業 上位 10
1位 航空機 客室乗務員
2位 広報担当員 及び 販促員
3位 通信サービス 及び 移動通信機 販促員

航空機の客室乗務員をはじめ、顧客と直接対面するサービス業に従事する人は、皆、感情労働者です。もちろん、いいお客さんばかりなら、感情労働もそれほど苦労はないのですが、最近の韓国は갑(甲)질行為を働くモンスター甲が社会問題となるほど増えています。感情労働者のストレスは肉体労働者のストレスを上回ると言われています。そのため、サービス関連企業では、最近は、従業員たちに、モンスター甲に対処するためのマニュアルを配布しています。성희롱(性弄・セクハラ)や、暴言、暴力には、断固とした態度をとり、場合によっては、警備員や警察に連絡をとるよう、そこには書かれています。しかし、それでも、感情労働者のストレスは消えません。今、感情労働者の保護が、韓国では急務です。

感情労働者 顧客の暴言・暴力で うつ病になったら、産災(労災) 認定


感情労働者保護のための法律改定案通過を促す記者会見 (後ろに見えるのが国会議事堂です)

また、感情労働に関する本もたくさん出ていて、ベストセラーにもなっています。

大韓民国で感情労働者で生き残る法(方法)

権利意識の強い『モンスター甲』は増える一方なので、法律で感情労働者を保護するしかありません。大変な世の中になりました。

ブログ一覧