Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//他人の成功は腹が痛いです

韓国の暮らし【性格】

他人の成功は腹が痛いです

韓国では、他人の成功は「배가 아프다(ペガアップダ)」です。

 

배가 아프다は、文字通り「お腹が痛い」の意味もありますが、

他人を妬む意味があります。



「最近、サイって友達が大ブレイクしたんだよ」

「腹が痛いですか?」

 

他人が成功した話を聞くのは、自分がみすぼらしく感じられます。

 

特にライバルがそうだったらなおさらです。

 

韓国にとって日本の成功は배가아프다(腹が痛い)です。

ライバル意識が強いのでそうなります。

 

2002年に韓国と日本が共催でワールドカップと開きましたよね。

日本はライバルであり、競争相手ですから、

普通の韓国人は、日本が早く負けることを願っていました。

(もちろん100%ではありませんが、一般的にそうです)

 

韓国だけが決勝トーナメントに進み、

そして、更に勝ち残らなければなりません。

 

韓国と同じで、日本人も当然、韓国が負けることを願っていると

普通の韓国人は考えています。

 

礼儀として「お互いに頑張ろう」「応援してます」と言いますが、

それが本心ではないことはみんな知っています。

 

実際は、日本が先に負けました。

そして、その後の韓国の試合で、

韓国を応援する日本人の姿がテレビでも放送されました。

韓国の赤いTシャツを着ている日本人も放送されました。

 

韓国を応援してくれるのはもちろんうれしいですが、

でもその一方で何か不思議な感じがしました。

 

韓国人が日本のTシャツを着て日本を応援するなんて

ありえないからです。

ブログ一覧