Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//シャネルが今、超熱風です

韓国の暮らし【流行・話題・若者】

シャネルが今、超熱風です

シャネルをはじめとした有名ブランド品は、元々、年々少しずつ値上げをしていますが、新型コロナの流行の影響で大きく減った売り上げを埋めるため、2021年に大幅な値上げをしました。

人気のシャネル「クラシック ミディアム」の場合、10年くらい前には2500ドルくらいだったはずですが、2021年の5月に、それまで715万ウォンだったものが846万ウォンに上がり、11月には、864万ウォンまで上がるそうです。10年の間に、3倍以上の値段になっています。

そのため、以前買った物を今売ると、買った時の値段より高く売れる、という現象が起き、元々ブランド品が好きな女性だけでなく、中古販売業の人たちまで、シャネルを購入しようと、毎日、シャネルの売り場に列を作って並んでいます。

10時半の開店時間に行ったのでは、待機番号票の100番とか200番をもらうだけで、店に入れるのは午後の3時とか4時になります。電話番号を入力しておけばSNSで知らせてくれるので店の前で待つ必要はありませんが、午後の時間に行っても人気の商品はひとつも残っていません。

特に、人気の「クラシック」は一番に並ばないと買えません。そして、一番に並ぶには、前日の夜から並ばないとならないので、中古販売業の人やお金持ちたちは、代わりに並ぶアルバイトを雇って並ばせているそうです。

シャネル以外の、他の有名ブランドも値段が上がっていて、購入者は増えているのですが、シャネルほどではありません。シャネルなら、ひとつ持っていてもいいし、何かあったら、それなりに売れるし、ブランド品を持つなら、やはりシャネル、元々、人気ありますよね。でも、最近は、すぐに売って儲けることができると、お金儲け目当ての人の購入も多く、샤넬(シャネル)で재테크(財テク)という意味の샤테크(シャーテク)という言葉まで生まれています。

ブログ一覧