Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//はじめてもらった給料で赤い下着を両親にプレゼントします

韓国の暮らし【家族】

はじめてもらった給料で赤い下着を両親にプレゼントします

韓国では、社会人になって、はじめてもらった給料で、

両親に赤い下着を買ってプレゼントをします。



これは、1960年代からの公式です。

 

当時、ある下着メーカーが出した保温性に優れた下着が

赤い下着だったためです。

 

当時の技術で、保温性に重点を置いたら、赤になったらしいです。

 

寒い冬も、暖かく過ごしてほしいという意味で、

両親に、保温性に優れた下着を贈るようになりました。

 

その後、保温メリヤスの下着が出て、デザインも多様化したので、

必ずしも「赤」じゃなくてもいいのですが、

田舎のほうでは、今でも「赤」が喜ばれるようです。

 

しかし、最近では、下着よりも現金でほしいという両親が多く、

高級下着を買ってプレゼントしたら、

「こんな高い下着、要らないのに」「お金がもったいない」

と両親に怒られたりすることもあるようです。

 

そのため、最近は、現金をそのままプレゼントすることが多くなっているようです。

 

ブログ一覧