Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//TOEICを受けたことのない大学生を探すほうが難しいです

韓国の暮らし【教育・学校】

TOEICを受けたことのない大学生を探すほうが難しいです

韓国では英語ができないと就職は困難です。特に大企業なら書類審査で落ちます。ですので、韓国の大学生はみんな英語を勉強しています。でも、履歴書に載せることが必要なので、勉強は会話よりもTOEIC中心です。TOEIC800点は当たり前で、900点以上ないと一流企業ははじめから無理です。TOEICの点数が高くても英語の会話力があるとは限りませんが、いくら英語が話せてもTOEICの点数が低ければ、履歴書の上では低く評価されてしまいますから、とにかくまずTOEICです。

TOEICの点数を上げるために、独学で勉強する人もいますが、어학학원(語学学院)に通ったり、スタディーグループで勉強する人が大部分です。

超スピード 目標達成
トイック点数保証クラス
点数爆発まで、わずか1か月!
スタートイック

大学に行く前の、朝の7時とか8時の授業を受けるか、大学の授業が終わってから、夜の7時とか8時の授業を受けます。夏休みや冬休みになると、有名な어학학원(語学学院)には大勢の大学生が集まります。もちろん、お金に余裕があれば、大学を休学してアメリカなどに語学研修に行きます。お金がなくても、フィリピンだとかなり安いので、6か月くらいフィリピンに語学研修に行く人もかなりいます。フィリピンなら、午前中グループレッスン、午後マンツーマンレッスン受けて、寮費込みで月に10万円くらいです。

韓国人にとって、英語は自分の人生を決めるものですから、皆、必死で勉強します。韓国にいるときは、それが当たり前だと思っていました。でも、日本の大学生が、それほど必死に英語を勉強していないことを知り、びっくりしました。TOEICは日本がはじめたものなのに、韓国のほうがTOEICが重要になっています。

ブログ一覧