Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//普段から自転車に乗っている人はほとんどいません

韓国の暮らし【車・乗り物】

普段から自転車に乗っている人はほとんどいません

ソウル市内でも、最近は自転車を見かけることが多くなりました。地下鉄駅の入口にも自転車置き場があって、自転車が止められています。

でも、韓国人にとって「自転車」は、生活用ではなく、健康のために乗るものです。例えば、ジョギングをする代わりに、サイクリングをするような感じです。韓国で、「普段自転車に乗っている」と誰かに言うと、健康のために乗っているか、車やオートバイ買えないから、自転車で荷物を運んでいるか、そんなふうに思われます。

それに、韓国の道で自転車に乗るのは危ないです。最近は自転車専用の道路もかなり整備されていますが、

まだまだソウル市内は安心して自転車に乗れる状況ではありません。

韓国人にとって、「自転車に乗る」というのは、どこかへ遊びに行った時に、貸し自転車に乗って遊ぶ、そんなイメージです。自転車に乗るのは、スケート場へ行って、スケート靴を借りて、友達と楽しくスケートをするのと、あまり変わりません。昔は「自転車」と言えば、「여의도(ヨイド広場)」でした。「여의도(ヨイド広場)」で、貸し自転車を借りて広場の中を友達とぐるぐる回りました。

私も日本に来るまで、自転車には上手に乗れませんでした。日本に来て、少し乗れるようになりましたが、とても疲れるので好きではありません。

韓国人は、日本に来て、雨の日、片手で傘をさして運転してる人を見て、とてもびっくりします。サーカスを見ているような気がします。

ブログ一覧