Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//車を運転する時は、バスには特に注意です。

韓国の暮らし【車・乗り物】

車を運転する時は、バスには特に注意です。

旅行などで韓国に行っても、自分で車を運転することはないかもしれませんが、バスやタクシーなどで移動していると、韓国人の車の運転が、日本とはだいぶ違うことは、わかると思います。最近は、だいぶおとなしくなりましたが、スピードを出すし、すぐクラクションを鳴らすし、突然、車線変更をして、前に割り込んできたりするし。韓国で車を運転するときは、本当に注意して運転しなければなりません。また、車線が減るところでは、車の頭を先に入れたほうが勝ちです。日本のように「一台ずつ順番」というルールはありません。待ってても誰も譲ってくれません。後ろからクラクションを鳴らされるだけです。

一般の車も運転が荒いですが、タクシーは本当に注意しないといけません。急に止まるし、急に車線変更するし…。そして、もっと危ないのがバスです。韓国のバスはスピードも出すし、どんどん車線も変更します。バスは大きいですから、ぶつかると小さな車は大事故になります。ですので、韓国では、バスが車線を変えはじめたら他の車はみんな止まります。体の大きいものが強いです。

青いバスは、一番右の車線から、2つ左の車線まで、車線を2つ、一気に変更しています。韓国では、1車線ずつ変更なんて、めんどうなことはしません。危ない運転をする車が多いので、事故の危険もたくさんあります。

ですので、韓国では、もし事故にあった時、小さい車では危険だから大きい車に乗ったほうがいいと言います。実際、韓国には、大きい車が多いです。みんなが、大きい車に乗りたがるのですが、それには、安全を考えて、という面もあります。

ブログ一覧