Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//50代、60代の会社員が増えています

韓国の暮らし【会社・仕事】

50代、60代の会社員が増えています

若いうちはいいが、ある程度の歳になったら、

いつまでも、人の下で働くのではなく、独立すべきだ、

韓国には、そんな考え方があります。

 

しかし、会社をやめて、独立するのは、韓国でも大変です。

 

会社員の年俸と、自営業者の年俸を比較すると、

やはり、会社員の方が、2倍近くいいそうで、

その差は、10年前より、ずっと広がっているそうです。

 

このところの不景気の影響ですね。

 

そのため、独立したけど、うまく行かず、

「プライドも何も捨てて、会社にしがみついていればよかった」と

後悔する人も少なくないそうです。

 

実は、私の弟も、だいぶ前ですが、

勤めていた会社の上司や同僚といっしょに独立しました。

 

独立というより、

独立する上司に、いい条件で誘われてついていったのですが、

結局、その会社はつぶれました。

 

そして、仕方なく、再就職しましたが、

前の会社が、けっこういい会社だったので、

再就職した会社は、前の会社よりも、給料、待遇が、

ずっと低くなってしまいました。

 

独立は、成功話もありますが、失敗話も、たくさんあります。

 

とにかく、今は、不景気の影響もあって、

韓国でも、気軽に(?)会社をやめて独立する人は、

以前に比べて、減っています。

(それでも日本より多いと思いますが)

 

そして、そのせいもあって、

10年前に比べて、50代、60代の会社員が増加しています。

 

昇進よりも、長く勤めること、それが老後のため、

今は、そんな感じだそうです。

(日本と似ていますか?)

 

そして、以前よりも、途中退職者が減ったため、

その分が、若者の就職機会を減らしているひとつの原因だ

という専門家も、いるくらいです。



年より 能力が 優先です

ブログ一覧