Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】子供の名前は「作名所」へ行ってつけてもらいます。

韓国の暮らし(13)【赤ちゃん・子供】

【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】子供の名前は「作名所」へ行ってつけてもらいます。

韓国では、子供の名前をつける時、作名所(작명소)へ行きます。街の中で、お寺の印(표지)「卍」があるところが、哲学館(철악관)と言って四柱(사주)とかを見てくれるのですが、四柱(사주)を見てくれる所が、だいたい名前をつける(이름을 짓다)こともやっています。


名前は、子供の生まれた日や時間や場所、そして両親の名前や生まれた日や時間や場所から決めます。昔はひとつだけ出してくれましたが、最近は10個くらい出してくれて、そこから選ぶようになりました。10個決めてもらって20万ウォンくらいです。教会に通っている人の中には、教会式の名前をつける人もいますが、一般的には、だいたいみんな作名所(작명소)へ行ってつけてもらうのが普通でした。しかし、最近は、オリジナルの韓国語の名前が増えていて、作名所(작명소)へ行かない人たちが増えています。

 

単語のおさらい


작명소〔作名所〕四柱を元に名前をつけてくれる所
표지〔標識〕印
철악관〔哲学館〕お寺の印「卍」があるところ
사주〔四柱〕
이름 名前
이름을 짓다 名前をつける

漢字語は〔 〕に漢字を示しています。

 

ベビー服のタグは外側にあるほうがいいと思います。

目次

  • ○  

ブログ一覧