Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//女性の髪の白いピンは喪中の意味です

韓国の暮らし【儒教・老人・自殺・葬式】

女性の髪の白いピンは喪中の意味です

日本でもそうだと思いますが、韓国でも、장례식(葬礼式・葬式)は、決まった形式があります。日本と似ていることも多いですが、違うところもあります。

まず、服装ですが、黒い正装は同じです。男性は、ポケットから白いハンカチをのぞかせたり、白い腕章をするのも同じです。

女性は、髪に小さい白いピンをつけます。

それが、喪中の意味です。ですので、韓国では、女の子の髪に白いピンをつけたり、白いゴムで髪を結ぶことはしません。

ただ、最近の若いひとたちは、葬式もかなりカジュアルで行きますし、マナーを知らない人も増えていて、白い小さいピンをしていない人のほうが多いですが、それでも普段のおしゃれではしません。

ですので、韓国人が日本に来て、日本人の女の子が白いピンをしていると、少し違和感を感じます。

そして、葬式と言えば、おじぎですが、おじぎの仕方が、かなり違います。女性は、평절(平おじぎ)


男性は、큰절(大おじぎ)です。



女性は裸足、男性は足の指が分かれている靴下です。

こんな靴下の白色ですね。

そして、おじぎの時の手の位置は、男性は右手が上、女性は左手が上です。他にも、葬式には、細かいマナーがいろいろあります。

例えば、弔問順序です。正直、私も、自信を持って、全てをきちんと言えません。はっきりわからない時は母に聞きます。日本のみなさんが、細かいことまで、覚える必要はないですが、少し知っていると、ドラマや映画を見る時にも、役に立つと思います。

ブログ一覧