Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//デート暴力が社会問題となっています

韓国の暮らし【恋人】

デート暴力が社会問題となっています

韓国では、데이트폭력(デート暴力)が社会問題となっています。

 

「デート暴力」というのは、特にデート中の暴力だけではなく、

結婚していない男女間の暴力行為や、持ち物の破損、威嚇的な言葉などを、

まとめた言葉です。

 

2019年には、警察に通報されたデート暴力件数は、1年間に約2万件、

2年前から40%以上増えています。



愛が呼ぶ惨劇 デート暴力



デート暴力 毎年増加

 

デート暴力は、警察に通報しても、

男女間の内輪のこととして、あまり深刻に扱われないことも、これまで多かったのですが、

最近では、デート暴力という言葉が社会的に認知され、

警察でも、被害が深刻だったり、危険が迫っていると判断した場合には、

刑事事件として起訴することが、多くなってきました。

 



デート暴力の加害者は、20代、30代が過半数を占めています。

 



そして、被害者の性別では、女性が77.6%と圧倒的ですが、双方が17.1%、

男性が被害者の場合も、5.3%あります。

 

「デート暴力」という言葉自体が、ここ最近の言葉ですが、

最近では、テレビなどでも、よく出てきて、社会問題として扱われています。

 

しかし、デート暴力を受けた女性の45%は、その男性と結婚しているそうです。

 

「結婚できないほどではない」「相手を愛していると感じて」

などが、その理由です。

 

同じく、男性のほうも、32.3%が、そのまま結婚しています。

 

もちろん、被害のあとの後遺症に苦しむ女性も多く、

警察でも、その辺を見極めて、刑事事件として起訴するかどうか判断しているようです。

ブログ一覧