Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//最近の若者たちはお金を借りてでも投資をします

韓国の暮らし【流行・話題・若者】

最近の若者たちはお金を借りてでも投資をします

韓国では、政府の政策のミスから不動産の価格が上がっています。2020年からの1年、コロナ禍で就職も更に難しくなり、また物価も上がるため生活はますます苦しくなっています。そこへ、一時下がっていた株の価格が上がり始めたことで、投資家だけでなく、20代・30代の若者たちが、一斉に投資を始めました。しかし、若者たちに手持ちの資金はありません。銀行から借りて、投資します。信用だけで借りるのですが、ありもしない信用で無理して借りて投資をするので、
영혼까지 끌어모아 빚을 내서 투자
(霊魂まで引っ張り集めて借金して投資)
縮めて영끌빚투(ヨンクルビットゥ)と言います。最近できた新造語です。この영끌빚투(ヨンクルビットゥ)が、若者たちに、ブームになっています。


マイナス通帳 貸出残額 20代、30代が占める比重
20代、30代の若者たちの占める比重は、40%を越えています。株への投資はリスクがあります。株の値段が下がれば、銀行から借りたお金さえ返せなくなるかもしれません。安易な영끌빚투(ヨンクルビットゥ)に対してはマスコミも警鐘を鳴らしています。もちろん、若者たちも、リスクがあることくらいはわかっています。それでも、可能性が少しでもあれば、そっちに行くしかないのでしょう。영끌빚투(ヨンクルビットゥ)は、未来に対して絶望的な若者たちが一縷の望みをかけた博打みたいなものかもしれません。

ブログ一覧