Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//10回切って倒れない木はない

韓国の暮らし【恋人】

10回切って倒れない木はない

韓国には、『열번 찍어 안 넘어가는 나무없다』(10回切って倒れない木はない)ということわざがあります。

「たとえ失敗したとしても、あきらめずに何度もチャレンジすれば、きっといつか成功する」という意味ですが、男性が、片想いの女性に対して、あきらめずに数多くアタックすれば必ず落ちる、という意味でも、よく使われます。韓国人は情に弱いので、何度断ってもあきらめない姿を見ると、そんなに私のことが好きなのか、とだんだん気持ちが動くことがあります。ですから、たとえ会ってくれなくても、寒い中、彼女の家の前で待っていたり、会社の前で待っていたりします。自分に会いたくない彼女が、もし、ビルの裏口から帰ってしまっても、そのまま、一途のふりをして待ち続けます。そして、彼女の誕生日には、バラの花などのプレゼントを会社に贈ったりします。ドラマなどで、そんな男性の姿をご覧になったことのある方もいると思います。極端な場合は、彼女の家まで行って、彼女の親がいる前で、「彼女と結婚できないなら死ぬ」と毒物を飲んだり(飲む寸前までしたり)することもあります。「ショー(show)」と言えば「ショー」なんですが、そうやって気持ちを表現することで、本気であることを見せます。そうすると、親のほうが「結婚したらいいじゃないか」ということになることもあります。ただ、この手口は、最近の若い人たちは、使わないようです。古い手口になります。

韓国では、女性は「自分が好きな男性」と結婚するより、「自分を好きな男性」と結婚したほうが幸せになると言われています。自分のことを本当に好きで、自分しかいないと思う男性と結婚しないと結婚してから浮気されちゃうからです。

また、恋人のいる女性にアタックする男性に対しては『골키퍼가 있어도 골은 들어간다』(ゴールキーパーがいても得点は入る)と言って励まします。この言葉は、ことわざではありませんが、韓国では、よく使われる表現です。

ブログ一覧