Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//風邪を引いたら、蜂蜜入りの梨汁を飲みます

韓国の暮らし【病院・病気・薬】

風邪を引いたら、蜂蜜入りの梨汁を飲みます

韓国では、風邪をひいたら、病院へ行きます。

 

病院で注射を打って、薬を飲みます。

 

これで、普通は治りますが、

それでも治らなかったり、せきとかが残っているようだったら、

蜂蜜入りの배즙(なし汁)を作って飲みます。

 

医学的な根拠はわかりませんが、

昔から行われている民間療法です。



なしの上部分を切り取って、

中をくりだします。



くり出したなし3分の1くらいと蜂蜜を入れ、なつめやトラジを入れます。



切り取ったなしでふたをして、大きな器に入れます。

そして、器ごと、更になべなどに入れ、15分から30分温めると、汁が出ます。



この汁がなし汁です。

 

なしの中にも汁が出るので、それも飲みます。

 

ドラマなどでも時々出てきますから、見たことある方も多いと思います。

だいたい、お母さんが作ってくれますよね。

 

もし、風邪が治らない時は、試してみてください。

ブログ一覧