Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//スターバックスに、お年寄りだけで入ることはありません

韓国の暮らし【儒教・老人・自殺・葬式】

スターバックスに、お年寄りだけで入ることはありません

韓国には、コーヒーショップがたくさんありますが、中でも、人気は、やはり、スターバックスです。値段はちょっと高いので、よくスタバに行く人は、半分冗談でブルジョアとも言われますが、韓国のスターバックスは、店舗数が1700店舗を越えました。これは、日本の店舗数とほぼ同じです。日本のほうが、人口では2倍以上多いので、どれだけ韓国がスターバックスだらけか、わかると思います。

そんな人気のスターバックスですが、韓国のスターバックスには、若い人たちしかいません。お年寄りや年配の人たちにとっては、どうやって注文したらいいかわからないし、敷居が高く感じられます。

スタバだけでなく、高級店ぽいと、店にも入りにくいですし、店に入ってから、注文の仕方を聞くのも恥ずかしいというか躊躇してしまいます。

例えば、ルイビィトンやティファニーのような高級ブランド店ですが、皆さんは気軽に入れますか?

日本の方は、気軽に入れるみたいですが、韓国では、本当に高級品を買い慣れている人でないと、たとえ見るだけでも、高級ブランド店には入りませんし、入れません。それと近い感覚だと思います。

スターバックスも、普段入り慣れている若い人たちには問題ありませんが、そうでない世代の人たちや、あるいは、田舎の人で、スターバックスに入ったことのない人は、ひとりで店に入ることが、なかなかできません。もし入ってみたかったら、はじめは店に入り慣れてる人といっしょに入ります。

日本では、スターバックスでも、お年寄りの夫婦がふたりで仲良くカプチーノなどを飲んでいますね。なんかすごいなあと、韓国人は感じます。韓国も、あと20年、30年したら、そうなるのかもしれませんが、今は、まだ、そういう光景は見られません。

ブログ一覧