Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//ベビーカーで外出するのは大変です

韓国の暮らし【赤ちゃん・子供】

ベビーカーで外出するのは大変です

韓国では、ベビーカーでバスや地下鉄に乗るのは、肉体的にも精神的にも、とても苦労します。バスは、ベビーカーや車イスでも、楽に乗り降りできるように、法律で低床バスを導入するよう義務付けられていますが、実際は数が少なく、なかなか来ません。

来ても、欧米の国のように、運転手が手伝ってくれたりするわけではなく、逆に、あからさまに嫌な顔をされたりします。

地下鉄では、駅にエレベーターが設置されてはいても、端のほうにあったりして、乗り換えの時には、あっちに行って、こっちに行ってと、複雑に行ったり来たりしなければならない駅も多いです。

新しい路線では、はじめからエレベーターが計画的に設置されていますが、古い路線では、あとからエレベーターを設置する時、設置しやすいところに設置したからです。

日本でも、電車の駅は、エレベーターの不便な駅も多くて、新大久保駅は、エスカレーターがありませんし、最近までエレベーターもありませんでした。最近、やっとできましたが、一度上に上がって、通路を通って、また下に降りてと、二度もエレベーターに乗らなければならず、とても面倒です。

また、韓国では、地下鉄に乗っても、優先席はお年寄りですでにいっぱいで、お母さんが座る余裕がないことが多いです。お年寄りは、地下鉄が無料なので昼の地下鉄はお年寄りだらけです。

一般的に、ベビーカーで地下鉄やバスに乗ることに対する韓国人の意識は否定的です。あからさまに嫌味を言われることもあります。ですので、お金のある人たちは、皆、車を使います。ベビーカーごと車に載せて移動します。

なので、ベビーカーでバスに乗ろうとすると、「車も買えない貧乏人」と思われ、「一般人に迷惑かけずに家にいるか、車を買って車で移動しろ」そんなふうに思われます。

欧米では、ベビーカーにとても優しいようですが、日本も、あまり優しくないですよね。日本人は、韓国人のように、思ったことをすぐ口にしないだけじゃないかと思います。赤ちゃんといっしょに電車に乗っても、優先席を譲らない若い人が大勢いて、外出するたび、嫌な気分になりました。韓国よりは、ましですが、欧米と比べたら、五十歩百歩ではないかと思います。

ブログ一覧