Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//ボイスフィッシングの被害が深刻です

韓国の暮らし【社会問題・社会環境】

ボイスフィッシングの被害が深刻です

日本では振り込め詐欺と言いますが、韓国では보이스피싱(Voice Phishingボイスフィッシング)とか、전화사기(電話詐欺)と言います。

ボイスフィッシングは、こんなイメージです。

以前は、だまされるのは、ほとんどが中高年でしたが、最近は20代、30代の被害が急増しています。20代、30代がだまされる手口は、例えば금융감덕원(金融監督院)から電話がかかってきて、「あなたの個人情報が流出しました。銀行の口座番号や暗証番号も流出しているので、大至急、預金を移す必要がありますから、今から言う口座に至急移してください」とか、スマホで操作をする途中で、画面が現れ、

まもなく下の番号で本人確認認証手続きがありますので 電話を必ずお取いただくようお願いします。とか、いつもの銀行アプリの画面とまったく区別がつかない、偽の画面に入力させたりします。そのため、タレントや俳優でも、だまされる人が続出しています。

有名人たちが、だまされたことをテレビで告白しました。

あまりの被害の多さに、オンライン送金というシステム自体をなくしたほうがいいのでは、という意見も出ているくらい、状況は年々深刻になっています。手口がどんどん巧妙になっています。電話をかけてくるのは、以前は、中国の朝鮮族だったため、なんとなく「おかしい」と、すぐわかったのですが、最近は、不景気のため、お金のほしい韓国人が中国人にたくさん雇われ、電話をかけているため、韓国人が簡単にだまされるようになりました。不景気で仕事がなかったり、あるいは、会社をクビになった人の中で、とにかくお金になるということで、詐欺団に参加する韓国人が増えています。そして、元警察官とか、元銀行員とか、その道の専門家が参加しているため、偽の電話と区別がつきにくくなっています。そのため、ある程度の専門知識のある人ほど、かえって、だまされるということになります。また、発信先の電話番号も、例えば、実在の銀行のフリーダイヤル番号が出て、折り返し、その番号に電話すると、自動で詐欺団の電話につながるように、スマホが乗っ取られているそうです。びっくりしますが、このくらいの技術は簡単だそうです。ですので、キャッシングなどがあり、金利の負担が重い人に、銀行から、低金利のものに切り替えませんか、と電話があると、電話番号も本当だし、そこに電話すると、ちゃんと電話に出るし、ついつい信じて、だまされる。そんな事例も多いそうです。

そして、これらの詐欺団は、ほとんどがビールで有名な中国の青島に本拠地があります。マンション一棟、丸々、詐欺チームが入っていて、毎日、せっせと電話をかけているそうです。詐欺団のトップは、誰だかわかりませんが、中国政府に一定の金額が流れているのは明らかで、韓国政府が中国政府に犯人逮捕の協力を要請しても、なかなか応じてくれず、やっと応じても、形だけの捜査しかしないそうです。現地では、捜査がある時には、詐欺団のほうに、「今から捜査に行く」と警察から電話が入るそうです。中国にとって、詐欺団は、韓国から外貨を稼いでくれる、ありがたい存在なので、決して逮捕されることはないそうです。

中国という国は、韓国からは、ボイスフィッシングで、お金をだまし取り、日本からは、大量に輸出した違法ドラッグでお金を奪う、やくざのような国ですよね。

知らない人からの電話は、とにかく一度切るように、そんなキャンペーンも行われました。でも、だまされても、恥ずかしくて他人に話すことができず、何度もだまされて自殺してしまう人も出ているそうです。被害届を出している人は、実際に被害にあった人の10%にもならないだろうと言われています。天文学的な額のお金が、韓国から中国に、毎日流れています。

ブログ一覧