Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//お店のカートで家まで重い荷物を運びます

韓国の暮らし【ショッピング】

お店のカートで家まで重い荷物を運びます

日本でも、ショッピングセンターへ行くと、カートがあって便利ですよね。韓国でも、大型マートには必ずあるのですが、マートの近くのマンションやオフィステルに住んでいる人たちは、買い物した物を、マンションやオフィステルまでカートでそのまま運ぶ人が少なくありません。

しかし、カートをわざわざマートに返却しないので、マンションやオフィステルの前にはマートのカートがそのままたくさん置いてあります。重い荷物を運ぶ時は、いつでもマートのカートです。

オフィステルの管理人がカートを管理していて、住民たち、必要な時にカートを利用する所もあります。住宅街にあるマートでは、だいたい1年に100台以上、このようにカートが盗まれているそうです。カートは1台18万ウォンくらいするので、1年の損害は2000万ウォンにもなります。しかし、盗まれているとわかっていても、店のイメージ悪化などを恐れて、法的措置をとったりカートを店外に持ち出す顧客に注意することが難しい状況です。お店の人が、時々近所を回り、盗まれたカートを見つけたら、マンションの管理人などにお願いして回収するのがせいぜいです。

マートが近くにある大学だと、構内にマートのカートがあって、学生たちの共有の財産になっていたりします。お店にとっては、まったくひどい話ですが、これも、モンスター甲と問題の根源は同じですよね。

ブログ一覧