Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//電車とホームの間に段差はありません

韓国の暮らし【車・乗り物】

電車とホームの間に段差はありません

東京で電車に乗ると、時々車いすの人が乗り降りしやすいように、駅員さんが補助に来ます。すごい親切だなと思います。

でも、電車とホームの間の段差がなければ、もっと親切ではないかと思います。

韓国では、いちいち駅員が補助しません。車いすの人が大変そうにしていたら近くの人が手伝いますし、今は、電車とホームの間に段差がないので、車いすでも補助なしで乗ることができます。


以前は、ホームと電車の間に隙間も大きく、段差があり、車いすの人が段差につまづいたり隙間にはまって怪我をしたりしました。そして、怪我をした人たちが訴訟を起こし、それがニュース等で取り上げられました。

韓国人は、何かあると、とにかく主張します。主張しなければ何も変わりません。たくさんの人たちが主張をしたからこそ、今は、段差や隙間がなくなりました。電車とホームの段差をなくすのは、技術的に難しい問題ではないのに、どうして日本は昔のままなのか、韓国人には不思議です。お金をかけて発展するより、できるだけお金をかけずに済ませて節約することを重視しているように見えます。

ブログ一覧