Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//ソウルは昔、城郭都市でした。

韓国観光【ソウル】

ソウルは昔、城郭都市でした。

ソウルは、昔、朝鮮時代には、한성(漢城)と言いました。中国人は、今でもソウルと言わず、漢城と言いますけど。そして、종로(鍾路)や명동(明洞)などの中心部は、城壁で囲まれた城郭都市でした。



今では、城壁は全てなくなっています。ソウルには残っていませんが、ソウル郊外の수원(水原)の화성(華城)では、城壁が一部残っていて、ユネスコ世界遺産に指定されています。

世界的に見ると、近代以前の大都市は、だいたい城郭都市でした。これは、日本だけが例外と言ってもいいかもしれません。日本は、外敵がなく平和だったんでしょうね。城郭都市には、いくつか入口である門があって、今も、そのうち、南大門、東大門などが残っています。

城郭の中に住んでいる人は、主に양반(両班)の高級官僚たちでした。そして、許可された商人だけが、門の内側に入れました。今も、南大門や東大門に市場があるのは、そのためです。

ブログ一覧