Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//子供を預けられる所はたくさんあります

韓国の暮らし【赤ちゃん・子供】

子供を預けられる所はたくさんあります

小学校入学前の小さい子供を預かるところに유치원(幼稚園)と어린이집(子供の家)があります。幼稚園は、満4歳から6歳くらいの子供が行く所で어린이집(子供の家)は、満ゼロ歳から預かってくれます。幼稚園は、日本の幼稚園とだいたい同じで、大きい어린이집(子供の家)が、日本の保育園、小さい어린이집(子供の家)が、日本の託児所のような感じかと思います。

日本では、保育園が足りないことを、よくニュースなどでやってますが、韓国では足りないことはありません。例えば、아파트단지(高層マンション団地)に行けば、あちこちに어린이집(子供の家)を見ることができます。

窓に子供用の飾りがあるのですぐわかります。


だいたい1階にあります。

自分の家の一室を어린이집(子供の家)として運用しています。

韓国には、単独の建物の大きな어린이집(子供の家)もありますが、部屋一つで運営している小さな어린이집(子供の家)がたくさんあります。マンションの一室で運営すれば、家賃などの経費が出ません。

また、어린이집(子供の家)には国から補助金が出ますから、子供好きならば、土日は休みだし、いい商売です。어린이집(子供の家)を開くのは、それほど難しくありません。保育教師2級の資格と保育教育の経験が2年あれば、誰でも20名以下の어린이집(子供の家)を開くことができます。保育教師2級は、大学で幼児教育を専攻するか資格試験を受ければ取れます。資格試験は、1年くらい勉強すれば誰でも簡単に取れます。そのくらい簡単に어린이집(子供の家)の経営者になれます。だから、数がたくさんあります。

しかし、そのためか、幼児虐待などがテレビのニュースによく出てきます。以前、어린이집(子供の家)に預けた初日の、わずか2時間後に、脳死になった赤ちゃんのニュースがありました。保育士が赤ちゃんの扱いに未熟だったようです。

事故のニュースもよく出るので、어린이집(子供の家)に子供を預けることに、親は皆、少なからず不安があります。でも、共働きの夫婦は、それでも어린이집(子供の家)に預けるしかないので、仕方なく預けています。今は、CCTVの設置が義務になっているので、ちょっとでも子供の様子がおかしい時は、カメラの映像を確認します。でも、カメラには死角があるんですよね。一時よりは減りましたが、保育士が子供を虐待していた事件のニュースが、今でもあります。

ブログ一覧