Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//今では普通に안녕하세요とあいさつしますが

韓国の暮らし【習慣・社会環境・社会問題】

今では普通に안녕하세요とあいさつしますが

안녕하세요.(アンニョンハセヨ)



皆さんもご存じの、韓国語のあいさつの言葉ですよね。

 

日本語で言うと、

「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」です。

 

でも、たとえば、朝、会社で同僚に

日本の「おはようございます」のように

「안녕하세요.(アンニョンハセヨ)」と言うようになったのは、

この20年ちょっとのことです。

 

それまでも、不特定多数の人に対してとか、

初対面の人に対しては使いましたが、

よく知っている人に「안녕하세요.(アンニョンハセヨ)」というのは、

なんか堅苦しいというか、他人行儀な、そんな言葉でした。



 

近い人同士なら、

「今日は早いですねえ」とか

「朝ごはんは食べましたか?」とか

もっと親近感のある言葉のほうがいいし、

それなのに、知らない他人にあいさつするみたいに

「안녕하세요.(アンニョンハセヨ)」というのは、逆に失礼だ、

1990年代のはじめくらいまで、そんな雰囲気でした。

 

でも、「안녕하세요.(アンニョンハセヨ)」と、

正しくあいさつしましょうという運動もあり、

今では、浸透しているように思います。

 

若い人たちは、どこでも、普通に

「안녕하세요.(アンニョンハセヨ)」とあいさつしてます。

 

でも、今の50代、60代以上の人たちには、

やっぱりちょっと違和感があるみたいです。

ブログ一覧