Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//安さん、姜さん、崔さんは頑固な気質です

韓国の暮らし【性格】

安さん、姜さん、崔さんは頑固な気質です

韓国では、姓(名字)の数が286しかありません。日本では、姓(名字)の数が10万とか30万とか言われていますから、日本に比べると、かなり少ない数です。

韓国の姓(名字)で一番多いのが、皆さんご存じの김씨(金氏)で、次が이씨(李氏)、박씨(朴氏)、そして、최씨(崔氏)、정씨(鄭氏)と続きます。この5つの姓を5大姓と言い、5大姓で人口の約50%と言われています。

また、姓(名字)の中で、안씨(安氏) 강씨(姜氏) 최씨(崔氏)は、特に、頑固な気質が強いと言われています。頑固な順に안강최(安姜崔)と言います。特別な根拠はなく、一般的にそう言われていて、韓国人で知らない人はいない常識です。ですから、とても頑固な安さんに出会えば、「やっぱり安さんは頑固だねえ」となり、温和な安さんに会えば、「どうして安さんなのに頑固じゃないんだ」となります。

韓国では、子供は父親の名字になります。ですから、例えば、父親が金氏、母親が安氏の場合、子供は金氏になります。子供が、安氏である母親の遺伝子を受けつげば、頑固な気質が強そうですが、金氏なので、子供は、そうは言われません。頑固な性格だとしても、金氏だけど頑固だねえ、となるだけで、「母親が安氏だから、頑固な気質が強いんだね。道理で」という表現はされません。

もちろん、今の科学では、子供は父親の遺伝子も母親の遺伝子も同じように受け継ぐので、父親の名字だけで子供の性格をあれこれ言うのは根拠のないことですが、これが、韓国の昔からの伝統です。

こだわるなら안강최(安姜崔)

こだわりが強いことを強調した、こんなお肉屋さんもあるくらい、頑固な気質の強い、안(安)さん、강(姜)さん、최(崔)さんです。

ブログ一覧