Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国では結婚しても姓を変えません

韓国の暮らし【家族】

韓国では結婚しても姓を変えません

韓国では、結婚しても女性の姓(名字)は変わりません。これは中国と同じです。日本も中国の影響をたくさん受けているのに、日本だけシステムが違うので不思議です。

韓国では、子供ができると子供は男性の姓になります。ですから、子供の姓と母親の姓は違います。ですので、父親と母親の意見が違った時に、子供たちが父親の味方になると、例えば、父親と子供が「金氏」、母親が「李氏」だとすると、母親は「金氏同士で勝手にやればいいわよ。私は李氏だから」と、すねたりします。ただ、最近は、離婚する人が増えていて、子供の姓を母親の姓にできるように法律が変わりました。

また、婚姻届けを出す時に、子供の姓を母親の姓にする、という合意書を提出すれば、子供に母親の姓をつけることもできるようになっています。

母親の姓にする理由  '娘が母に似てくれたら'

でも、子供と母親の姓が同じだと、学校では奇異な感じで周りから見られて逆にマイナスな面もあります。

昔は、すべては男性社会で、女性は子供を生むための存在でした。男の子を生むことができないと離縁されました。もちろん、今では、そこまでのことはありませんが、結婚しても姓を変えないのが伝統です。

韓国では、夫婦が別姓であることは、日本でも、みんな知っていると思っていたのですが、韓国語を勉強に来る学生さんたちの中にも、知らない人が多いので、逆にびっくりしました。また、夫婦が別姓であることを知っている人の中にも、韓国は女性の地位が高いから別姓だ、と、誤解されている方も、時々いらっしゃって、隣の国のことなのに意外と知られていないのだなあ、と感じます。

ブログ一覧