Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//老人の2人に1人が貧困老人です

韓国の暮らし【お年寄り・老人編】

老人の2人に1人が貧困老人です

韓国では、10月2日が老人の日です。

公休日(祝日)ではありませんが、法定記念日です。

 

なぜ、10月2日かというと、

国連が定めた世界老人の日が10月1日なのですが、

韓国では、10月1日が国軍の日だから、

1日ずらして10月2日になりました。

 

韓国は、今、少子高齢化が急速に進んでいます。

少子化も問題ですが、老人問題も深刻です。

 

以前は、年を取ったら、自分の息子や息子夫婦が、

老後の面倒をすべてみてくれるので、お金のことも含めて、

何も心配は要りませんでした。

 

しかし、儒教意識が薄れ、年を取っても、誰も面倒を見てくれません。

年金ももらえず、面倒を見てくれる人のいない老人は、

生きるために、リサイクルごみを集めて、お金にしています。







 

韓国では、老人の貧困率は50%近くになり、2人に1人が貧困老人です。





OECD加盟国中、断トツの1位です。

 

しかし、貧困老人の全てが、元々貧困だったわけではありません。

 

財産はあったのですが、死んでから相続問題が起きるのも面倒だからと、

生きているうちに、自分の息子や娘に財産を相続したところ、

その後、連絡が途絶え、世話をしてくれる人がいなくなり、

貧困になった老人もかなりいます。

 

もちろん、相続する前は、

息子や娘たちは頻繁に訪れ、あれこれ面倒を見てくれました。

そして、相続したあとも、ちゃんと世話はする、面倒を見る、

そう約束したにもかかわらず、

財産をもらったら、それっきりです。

 

全くとんでもない話で、ひと昔前なら、ありえない話なのですが、

現在の韓国では、決して珍しい話ではありません。

 

韓国の老人は、「子供に財産を相続すると飢え死にし、相続しないと殴られ死ぬ」

そんな悪い冗談もあるくらいです。

 

そのため、財産を相続したあと、自分の親の面倒を見ない場合、

その財産を取り戻すことができるよう、

불효자 방지법(親不孝防止法)の草案が政府から出され、論議が行われています。



不孝者(親不孝)防止法 '贈与財産回収' 可能

 

しかし、なかなか、この法案は国会を通りません。

今回も難しいと思いますが、

でも、そのくらい、今の韓国は、状況が深刻です。

ブログ一覧