Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//老人に席を譲らない人はいません‥でした。

韓国の暮らし【習慣・社会環境・社会問題】

老人に席を譲らない人はいません‥でした。

日本の優先席は、韓国では「노약자석(老弱者席)」と言います。

 

「장애인(障碍者・体の不自由な人)」「노약자(老弱者)」「임산부(妊娠婦)」

「영유아 동반자(幼乳児同伴者)」のための「자석(座席)」です。



日本では、老人が乗って来ても優先席をどかない若者をよく見かけますが、

韓国ではありえません。

というか、ありえませんでした。

 

日本では席を譲られる老人のほうが遠慮しますが、

韓国では老人が若者に強い態度で譲らせました。

 

しかし、最近は「노약자석(老弱者席)」で平気で寝ている若者も多く、

ネットのあちこちに写真が載せられて、非難の対象になっています。

 

また、電車の優先席の前で、赤ちゃんを抱っこしていても

日本では、席を譲ってくれる人のほうがまれですね。

 

最近の韓国では、若い人はわりと譲ってくれますが、

おばさんたちは、譲らない傾向があるように感じます。

特に、バスで、その傾向を強く感じます。

私の経験ですけど。

 

以前には、考えられないほど、韓国が変わっています。

もちろん、日本ほどではないですけど、

韓国も、だんだん、日本に近づいているのかもしれません。

ブログ一覧