Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//胃がもたれた時は、悪い血を抜くと治ります。

韓国の暮らし【病院・病気・薬】

胃がもたれた時は、悪い血を抜くと治ります。

韓国では民間療法という、昔から伝わる病気などの治し方があります。

 

食べ物がもたれて消化ができない時、

手のひらの、親指と人差し指の付け根をもむと治る、

そんな方法を以前紹介しましたが、

もうひとつ、親指のつめの元の部分を針で刺して、悪い血を抜く方法があります。



まず、肩から順に、腕を強くさするように、悪い血を下へ下ろします。



自分ではできないので、誰かにやってもらいます。



 



 

そのあと、親指の爪の付け根を針で刺して悪い血を抜きます。



針をさした時に、黒い血がでたら、かなりもたれている証拠です。

 

針は普通の針で大丈夫です。

 

昔の人は、針を刺す前に鼻の前に持っていき、鼻息をフンッとやって刺しました。

鼻息消毒です。

 

こんなことで消毒できるわけがないのですが、

私の祖母も、この方法でしたし、

私の母は、今でもこの方法です。

 

でも、普通は、ライターなどで消毒してから刺します。

ブログ一覧