Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//水産市場で天然のヒラメを食べましょう。

韓国観光【ソウル以外】

水産市場で天然のヒラメを食べましょう。

日本人と韓国人は、好きな刺身の種類が違います。日本人はまぐろとか、赤身が多いですよね。韓国人は、白身が好きで、ヒラメをよく食べます。ヒラメには、天然のヒラメと養殖のヒラメがあり、値段が違います。

そのため、釜山の자갈치(チャガルチ)市場でも、속초(ソクチョ、束草)の대포항(テッポハン、大浦港)でも、韓国のどこの水産市場でも、客引きは、値段のことも言いますが、このヒラメは天然のヒラメだよと言っています。天然のヒラメと養殖のヒラメを見分ける方法は、ヒラメのお腹(?)の部分です。

下のように真っ白だったら、天然です。養殖は、上のように黒い筋が入ります。どうやって養殖しても、真っ白にならないそうです。そのため、刺身屋では、生け簀のヒラメわ捕まえて裏返し、真っ白なお腹を見せることで、天然だと訴えます。水産市場を見物するとき、ヒラメを裏返しながら何か言っていたら、養殖じゃないと言っているんだなあと理解してください。

ブログ一覧