Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//駐車場の一台当たりのスペースが狭すぎます。

韓国の暮らし【車・乗り物】

駐車場の一台当たりのスペースが狭すぎます。

韓国は、大きい車が多いですが、駐車場は古い規格のままなので、一台一台のスペースが狭くて、大きい車を止めると隣の車との間に、まったく余裕がなくなります。

そのため、ドアを開ける時に隣の車にドアがぶつかり、トラブルになることが増えています。隣の車に、ドアがコンとぶつかるので、「문 콕(門コッ)事故」と言います。車のドアにスポンジをつけて、トラブルを予防している人もいますが、スポンジをつけるのは、カッコ悪いし、面倒だし、何もしない人のほうが、数としては断然多いです。その結果、駐車場などで、ドアを隣の車にぶつけ、トラブルになり、保険会社に救援要請するケースが急増しています。最近では、一日平均、100件ほどあるそうです。

「문 콕 事故」が起きるのは、駐車場の幅が狭いことが一番の原因なので、規格自体を広くする必要があるということで、2019年に、駐車スペースを、これまでより10cmから20cm広げるように、法律が変わりました。

しかし、それだけでは不十分で、日本のように、駐車スペースの間の線を、2本にして、間隔に余裕を持たせるべきだ、という意見が多数出ています。日本に行ったことがある人が増えていますし、北海道や沖縄では、レンタカーを借りる人も多く、日本の駐車場で、感動した人が、少なくないからです。

韓国では、この写真のように、日本の駐車場がお手本のようになっています。日本でも、街中の有料駐車場は、一台でも多く止めたいのか、1本線が多いですが、ショッピングセンターなどは余裕のある所が多いですよね。

韓国では、障がい者用でなければ見られないような、隣との間隔にとても余裕のある駐車場も、日本には、けっこうありますよね。韓国では、ほとんど見ることのできなかった2本線ですが、イケアでは、駐車スペースの間は2本線です。

2本線でも、ドアがぶつかる時はぶつかるのですが、トラブルが起きる可能性はかなり減ります。韓国では、イケア自体もとても人気なのですが、駐車場も、とても評価が高くなっています。

政府は、法律を変えて、駐車スペースを広げることにしましたが、スペースとスペースの間は広げる必要がないですし、新しい法律が適用されるのは、2019年3月以降に新しく作られる駐車場だけなので、「문 콕 事故」は、まだまだ増えそうです。韓国では、駐車場に車を止めるのが本当にストレスです。

ブログ一覧