Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//持っている家や車で判断されます。

韓国の暮らし【習慣・社会環境・社会問題】

持っている家や車で判断されます。

韓国人は、どんどん引っ越します。

「生まれた家にずっと住み続けたい」なんて言ったら、韓国では変人になります。

いつも、もっと広くていいマンションに引っ越すことを考えています。

 

そして、韓国では、どんなマンションに住んでいるかで、

周囲の人たちは、その人を判断します。

家だけでなく、どんな服を着ているのか、どんな車に乗っているのかで判断します。

 

ですから、車がない男性は、結婚したくても、

相手の親に「車も持てない奴」と猛反対されます。

 

韓国では、車を見れば、その人の能力(財力?)がひと目でわかるんです。

 

だからというか、韓国では、大きな車が多いですよね。

お金持ちほど、いい車を運転しています。



また、これは、韓国の企業で働く30代の日本人男性の話なのですが、

彼は独身でお酒が好きで、毎日のように会社帰りは一杯飲んでいました。

そして、週末は家でゴロゴロするだけなので、車は持っていませんでした。

 

お金はあるから、車を買おうと思えばいくらでも買えましたが、

彼は必要性を感じないので、買わなかったのですが、

でも、彼の周囲の韓国人からは、

「その年なら、ある程度の車に乗るべきだ」としきりに勧められて、

かなり困っていました。

 

彼は「休みの日は家にいるし、ソウル市内は地下鉄もバスも便利だし、

第一、毎日のように夜はお酒飲むから必要ないよ。

飲んだらタクシーで帰るけど、韓国はタクシー代も安いじゃない」と言うのですが、

「お酒を飲む時は代理運転(代行運転)を利用すればいいじゃないか」

「車は必要だ」「車で通勤したほうがいい」

と会う人会う人に言われると言っていました。

 

韓国人としては親切心で言っているのですが、

いろいろ言われるのが面倒だから、車買おうかと本気で悩んでいました。

 

また、車と言えば、日本では、高級スポーツカーに乗っているのは、

50歳以上のおじさんか、おじいさんばかりですよね。

はじめは、びっくりしました。

 

韓国では、高級スポーツカーと言えば、若者の乗る車です。

もちろん、自分のお金ではなく、親の財力で買ってますけど。

 

親がお金持ちなら、韓国では、皆、高級車に乗ってます。

ブログ一覧