Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国ソウルの「カンナム」が指す場所は3つあります。(韓国人の説明です)

韓国の暮らし(12)【気候・地理・温泉・市場・登山】

韓国ソウルの「カンナム」が指す場所は3つあります。(韓国人の説明です)

ソウルの「カンナム」は、漢字で「江南」と書きます。 川の南という意味ですが、具体的に、川の南のどの辺りを指すのか、みっつの意味があります。


目次

ソウル市を大きく分けるとき、川の北エリアを「江北(カンブク・강북)」、南エリアを「江南(カンナム・강남)」と言います。

ソウル市の真ん中を、右から左に(東から西に)川が流れています。この川が「漢江(ハンガン・한강)」です。

昔の都は、江北にありましから、古くからのものは、みな江北にあります。

今も残る「南大門(ナムデムン・남대문)」や「東大門(トンデムン・동대문)」、「徳寿宮(トクスグン・덕수궁)」や「慶福宮(キョンボックン・경복궁)」、繁華街の「明洞(ミョンドン・명동)」や「鍾路(チョンロ・종로)」学生街の「新村(シンチョン・신촌)」、大統領官邸である「青瓦台(チョンワデ・청와대)」も、「市役所/市庁(シチョン・시청)」もみんな江北にあります。

1970年代くらいまで、江南(カンナム)は何もないところでした。

しかし、人がソウルに集まるにつれて、江北だけでは土地が足りず、江南地域が開発されはじめ、そこに新しいものができました。

今、ソウルのおしゃれなエリアは、「狎鷗亭(アックジョン・압구정)」「淸潭洞(チョンダムドン・청담동)」「新沙洞(シンサドン・신사동)」など、ほとんど江南地域にあります。
学生街の「弘大(ホンデ・홍대)」エリアだけが江北です。

次第に『古い江北』『新しい江南』となり、江北と江南のイメージが逆転しました。

これは、東京でいうと、浅草や上野、銀座という古いエリアに対する新宿や渋谷、六本木という新しいエリア、そんな関係と似ているかもしれません。

新宿や渋谷も50年前までは、何もないところだったらしいですよね。
東京の賑わい場所は、東から西へ、ソウルの賑わい場所は、北から南へと、それぞれ移っているんですね。

ソウル市には25の区がありますが、そのうちのひとつが江南区です。

赤〇が江南区、青〇が江東区、水色〇が江西区、紫〇が江北区、赤☆が明洞などがあるソウル市の中心地です。

韓国のお金持ちの80%以上が、江南区と隣の瑞草(ソチョ・서초)区に住んでいると言われています。

ベンツなどの高級車の最上位クラスは、このふたつの区だけで、全売り上げの80%以上だそうです。

特にお金持ちの上位0.1%は、江南区の大峙洞(대치동)に集中して住んでいます。

教育にしてもなんにしても、別格のエリアです。ドラマでもよく出てきます。

一時期、サムソン電子は、最先端商品のショールームをここに作りました。最高級品をお金持ちに買ってもらいたいからです。しかし、ショールームの意味がありませんでした。理由は、最先端の商品が出たら、このエリアのお金持ちたちは、「すぐに持って来てちょうだい」と、商品も見ずに値段も聞かずに注文するからだそうです。
ショールームは1年も経たずに撤退しました。

「江南(カンナム)=お金持ち」という公式ができました。

実際、江南のお金持ちは、やることが違います。お金ありますから。

地下鉄2号線に江南駅があります。江南駅周辺が繁華街です。

今は、新盆唐線(신분당선)ができて、地下鉄路線がふたつ乗り入れています。

ソウルの中で、江北エリアの「鍾路(チョンロ・종로)」に次ぐ2番目の繁華街です。

狭いエリアに集中しているので、繁華街の地価としては、韓国で一番高いです。

飲み屋とか焼肉屋、レストランがたくさんあり、主な大手語学学校も集まっています。

ソウル市の南郊外にある大学に通学する学生のための通学バスが、ここ、江南駅からたくさん出ています。そのため、学生さんたちもたくさんいます。

美容整形の病院も多く、テナントのほとんど、あるいは全部が美容整形というビルもあります。

そんなビルがいくつもあるのは韓国でもここだけです。

江南駅近くは、大企業よりもベンチャー企業などの多いエリアです

江南駅周辺は、エリアを東西に貫くテヘラン路(테헤란로)を境に、北側が繁華街、南側がオフィス街です。

江南駅の南西側に、サムソン電子本社などが入る、大きなサムソンタウンがあります。

2005年(だったかな?)にオープンしましたが、サムソンは、韓国でも一番地価の高い所を広い範囲で買い取りました。一体どれだけお金があるのか…。
でも、江南エリアを南北に貫く大通りの「江南大路(カンナムデロ・강남대로)」沿いは買い取れませんでした。ここが一番ほしかったらしいのですが、絶対に売らない人たちがいたそうです。

江南駅の繁華街エリアの右側(東側)の住所は、江南区駅三洞(ヨクサムドン・역삼동)です。

地下鉄2号線の隣の駅も駅三駅(ヨクサム駅・역삼역)です。

駅がみっつあったから駅三です。駅というのは、電車の駅ではなく、馬に乗る駅です。

昔は、江北の両班(ヤンバン・양반)たちは、漢江(ハンガン)を渡って、このあたりから馬に乗って、地方に行ったんですね。
江南駅周辺というのは、昔々は、そんなところでした。

「カンナム(江南)」には、場所として3つ、象徴的な意味として「お金持ち」の4つの意味がありまする

ただ、「カンナム(江南)」と言った時には、

場所としては、カンナム(江南)駅周辺の繁華街や、お金持ちの住むエリアあたりを漠然とイメージします。

あるいは、

「お金持ち」の象徴的意味で使うことも多いです。

日本で言うと、東京の「田園調布」とか、関西の「芦屋」、そんな感じになると思います。ただ、日本のお金持ちより、「カンナム(江南)」のお金持ちは、やること派手だと思いますが。
例えると、そんな感じです。

サイの「カンナムスタイル」は、お金持ちの「カンナム」です。

サイが、全然売れていない時に作った曲です。まったく「カンナム」とは縁のないタレントが「カンナムスタイル」と歌ったのはギャグです。日本で言うと、まったく売れていない芸人が「田園調布スタイル」と言って、おかしな踊りをするのと同じです。

「カンナムスタイル」の大ヒットで、サイはお金持ちの仲間入りをしたので、今では、まったくのギャグではなくなりましたけど。

ブログ一覧