Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//今はおしゃれな江南エリアも、以前は何もないところでした。

韓国観光【ソウル】

今はおしゃれな江南エリアも、以前は何もないところでした。

皆さんは「강남(カンナム・江南)」という言葉を聞いたことがありますか。韓国ではとてもイメージのいい言葉です。ソウル市の地図を見てください。真ん中を、右から左に(東から西に)川が流れています。

この川の名前が「한강(ハンガン・漢江)」です。ソウル市を大きく分けるとき、川の北エリアを「강북(カンブク・江北)」と言い、南エリアを「강남(カンナム・江南)」と言います。今のソウル市は、とても広いエリアですが、歴史的には、ソウルというのは、今の江北エリアだけでした。

昔の都は、江北にありましから、今も残る「남대문(南大門)」や「동대문(東大門)」、「덕수궁(徳寿宮)」や「경복궁(慶福宮)」、繁華街の「명동(ミョンドン・明洞)」や「종로(チョンロ・鍾路)」学生街の「신촌(シンチョン・新村)」、大統領官邸である「청와대(チョンワデ・淸瓦臺)」も、「시청(シチョン・支庁、市役所)」もみんな江北にあります。1970年代くらいまで、「강남(カンナム・江南)」は何もないところでした。

しかし、人がソウルに集まるにつれて、江北だけでは土地が足りず、江南地域が開発されはじめ、そこに新しいものができました。そのため、次第に『古い江北』『新しい江南』となり、江北と江南のイメージが逆転しました。

今、ソウルのおしゃれなエリアは、「압구정(アックジョン・狎鷗亭)」「청담동(チョンダムドン・淸潭洞)」「신사동(シンサドン・新沙洞)」など、ほとんど江南地域にあります。学生街の「홍대(ホンデ・弘大)」エリアだけが江北ですね。

これは、東京でいうと、浅草や上野、銀座という古いエリアに対する新宿や渋谷、六本木という新しいエリア、そんな関係と似ているかもしれません。新宿や渋谷もほんの50年前まで、何もないところだったらしいですよね。

東京の賑わい場所は、東から西へ、ソウルの賑わい場所は、北から南へと、それぞれ移っているんですね。

ブログ一覧