Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】韓国で唯一、温泉玉子ができる温泉です。

韓国観光➁【温泉・釜山・雪岳山他】

【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】韓国で唯一、温泉玉子ができる温泉です。

韓国の温泉は、ほどんどが源泉温度40度以下です。比較的(비교적)熱いお湯が出るのは、みな釜山近郊の日本に近い側です。中でも、プゴク温泉(부곡온천・釜谷温泉)は、 源泉温度が78度と、韓国で一番熱いお湯が出る所として知られています。

ただ、この温泉も、自然に湧き出ているのではなく、1973年に発見され、掘り出した温泉です。温泉が出たので、80年代に入り、부곡하와이(プゴクハワイ・釜谷ハワイ)というスパ&温水プールのレジャー施設ができました。私も昔行ったことがありますが、温水プールに、人がとにかくいっぱいいた記憶しかありません。

昔は、レジャー施設は他にありませんでしたから、み~んながここへ来ました。そんな韓国のレジャー施設、テーマパーク(테마파크)と言います、その草分け的存在です。



源泉を加温する必要がありません。

総合レジャー施設へと変貌して、ウォーターパーク(워터파크)になりました。

露天風呂です。

場所は、釜山から直線距離で50キロくらいで、市内からは、バスで1時間ちょっとです。

Aがプサン(부산・釜山)、Bがプゴク温泉(부곡온천・釜谷温泉)、Cがキョンジュ(경주・慶州)です。

日本でハワイと言えば、「常磐ハワイアンセンター(スパリゾートハワイアンズ)」、韓国でハワイと言えば「プゴクハワイ(부곡하와이・釜谷ハワイ)」、どちらもウォーターパークがある、特徴ある『ハワイ』だったのですが、残念ながら「プゴクハワイ(부곡하와이・釜谷ハワイ)」は、2017年に、つぶれてしまいました。

今は、ホテルが何軒かあるだけの普通の温泉街です。

桜の季節には、フェスティバルもやっています。

ホテルの中で、一番有名で、口コミのいいのが、ローヤルホテルです。

もちろん、宿泊(숙박)もできますが、プゴク温泉(부곡온천・釜谷温泉)で人気なのは、家族風呂(가족탕)です。プゴク温泉(부곡온천・釜谷温泉)のホテルは、どこも家族風呂(가족탕)目当てに来る家族連れに人気です。

家族風呂と言っても、ホテルの部屋のお風呂に、家族一緒に入るだけです。ユニットバスのお風呂よりは、かなり広くて、家族一緒に、十分入れる広さですが、でも、見かけは、普通のお風呂と変わらないので、日本の方には温泉気分は出ませんね。露天風呂もありませんし。ですので、日本の方が、わざわざ行くほどではないかもしれませんけど。

昼間は、家族風呂(가족탕)で部屋を使用するため、チェックインが、平日18時、週末19時と遅いです。家族風呂(가족탕)は、平日は3時間で4万ウォン、週末は、2時間30分で4万ウォンです。

韓国では、温泉と言えば、一般的にはスパか、あるいは銭湯(목욕탕)と同じような施設ですが、ホテルの部屋の中のお風呂が温泉で、その温泉だけを目的にホテルに来る人たちが、ここ、釜山には、けっこういるようです。

 

単語のおさらい


비교적〔比較的〕
테마파크 テーマパーク、レジャー施設
숙박〔宿泊〕
목욕탕〔沐浴湯〕銭湯

漢字語は〔 〕に漢字を示しています。

 

韓国でただひとつの自然湧出温泉です。

目次

【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】韓国で唯一、温泉玉子ができる温泉です。

韓国の温泉は、ほどんどが源泉温度40度以下です。比較的熱いお湯が出るのは、みな釜山近郊など日本に近い側です。中でも、부곡온천(プゴク温泉・釜谷温泉)は、 源泉温度が78度と、韓国で一番熱いお湯が出る所として知られています。ただ、この温泉も、自然に湧き出ているのではなく、1973年に発見され、掘り出した温泉です。温泉が出たので、80年代に入り、부곡하와이(プゴクハワイ・釜谷ハワイ)というスパ&温水プールのレジャー施設ができました。私も昔行ったことがありますが、なんか温水プールに、人がとにかくいっぱいいた記憶しかありません。昔は、レジャー施設は他にありませんでしたから、み~んながここへ来ました。そんな韓国のレジャー施設(テーマパークと言います)の草分け的存在です。しかし、2017年に、つぶれてしまいました。

ブログ一覧